ピクシブ百科事典

ソニックブーム(ニンジャスレイヤー)

そにっくぶーむ

サイバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」の登場人物。暗黒経済組織ソウカイヤ所属のニンジャ。エリート・ニンジャ部隊シックスゲイツの一人。
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#114 【ソニックブーム】◆殺◆
ソウカイ・シックスゲイツのニンジャで、元ヤクザ・バウンサー。
ソニックカラテやジェットカラテの訓練を積んでおり、格闘能力は高い。
気が短く凶暴であるが、同時に、冷静な判断力をあわせ持つ。

「今も昔もニンジャはカラテを極めた奴が上を行く。身をもってわからせてやろうじゃねえか」

CV:黒田崇矢(オーディオドラマ版)

人物

登場エピソードは第1部「ラスト・ガール・スタンディング」。
暗黒経済組織ソウカイ・シンジケート所属のニンジャであり、エリートニンジャ部隊シックスゲイツの一人。カゼ・ニンジャ・クランのグレーターニンジャ・ソウルの憑依者。
ヤクザ・バウンサーであり、威圧的なヤクザ・スラングを多用して相手を圧倒する。

ソウカイヤでは見込みのあるニュービー・ニンジャのスカウトを担当しており、ニンジャ化してヤンクやヨタモノ相手に暴れていたショーゴーをスカウトした。増長したショーゴーを叩きのめしてソウカイヤに力づくで引き込み、彼にカラテ訓練を施して『スーサイド』のニンジャネームを与えた後、同時期にニンジャ化していたヤモト・コキもスカウトしようとする。

ソウルの格の低さを補って余りあるほどに高いカラテのワザマエを誇る。ソニックブームよりも数段高い格の神話級ニンジャソウルを持つもカラテを鍛えていないスーサイドとヤモト・コキを、圧倒的なカラテと豊富な戦闘経験値の差でもって完膚無きまでに叩きのめしている。ヤモトがスカウトを拒否した際は威力偵察としてクローンヤクザ部隊を先行させるなどの慎重さも見せた。
冷徹でクールな立ち振舞と冷静で的確な戦術眼、『ニンジャスレイヤー』という作品全体を貫く『ノーカラテ・ノーニンジャ』という戦闘哲学を体現していることから、初期シックスゲイツのメンバーの中でも特に印象深い人物。

彼の行動と主張は一貫してシックスゲイツ創設者ゲイトキーパーの掲げる『新たなニンジャの組織的管理と暴走抑止』に基づいている。ニンジャの力に溺れて暴走してしまいがちなニュービーニンジャ達に対して、彼らソウカイヤの存在がネオサイタマにおける一種の抑止力として働いていたことが伺える。
悪人ではあったが、当初暴走気味であったスーサイドの増長を止めており、ヤモトとスーサイドの両者にカラテの重要性を身を以って教えるなど、結果的に彼女らをニンジャとして大きく成長させている。
後に数々のニュービー・ニンジャ達の増長と暴走、そしてその末路と悲劇が描かれる度に、シルバーカラスブラックドラゴンらと並び優れたメンターであったとヘッズの中で株を上げていくことになる。

容姿

金糸を織り込んだ(悪趣味な)ニンジャ装束とシャープなメンポを装備。
わらいなく氏のデザインではリーゼントが加えられている。

ジツ・カラテ等

ソニックカラテ

読んで字のごとく、ワザを繰り出すと共に殺傷力の高い衝撃波を放つカラテであり、彼のニンジャネームの由来でもある。
ゼロ距離においては衝撃波のダメージが自分にも来るという弱点を持つが、至近距離に適応したカラテのワザマエによってこれに対応するため問題は無い。

ジェットカラテ

ソニックカラテと並んで身につけた別のカラテ系統らしいが、詳細は不明。

関連タグ

ニンジャスレイヤー ヤモト・コキ スーサイド

pixivに投稿された作品 pixivで「ソニックブーム(ニンジャスレイヤー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38535

コメント