ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
インターラプターはサイバーパンクニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』の登場人物。

◆忍◆ ニンジャ名鑑#12 【インターラプター】 ◆殺◆

シックス・ゲイツのニンジャ。

暗殺カラテ技「タタミ・ケン」と絶対防御の構え「カラダチ」を修得、

その実力はコンクリートを素手で破砕しガトリングガン1ドラムの弾丸に耐えきる程だが、

反動として深刻なオハギ中毒を抱えている。

ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)


「なんとすがすがしいことか。おれには何も無駄なものが無い」

人物

登場エピソードは第1部「フィスト・フィルド・ウィズ・リグレット・アンド・オハギ」。

ニンジャではあるが普段は「サカキ・ワタナベ」と名乗り、ネオサイタマの地下倉庫施設を利用した浮浪者キャンプのヨージンボーをしている。

キャンプを訪れる社会的弱者や怪我人を放っておかず硬骨漢でキャンプの人々からも慕われている。


元は妻子持ちの刑事(デッカー)だったが疲労の末にオハギ(劇中では中毒性のある危険なドラッグとして扱われている)に手を出し、その末に離婚。同時に深刻なオハギ中毒となる。

退職後は探偵となったが、そこから更に身を持ち崩して浮浪者キャンプに至る。


ダークニンジャとの戦いで負傷したニンジャスレイヤーを匿い、イチロー・モリタの偽名を使う彼と暫しの交流を持つ。

そして彼に別れた妻と娘がデッカー時代の部下と再婚したことと、来月の娘の誕生日に会えることを楽しみにしていることを打ち明けた。

何もかも失ってしまったと自嘲するが、ニンジャスレイヤーにデッカー時代はネオサイタマを、今はキャンプの人々を守る尊い仕事をしていると慰められ涙を流している。


なお、「interrupter」は「遮る者」という意味。


※以下、ネタバレを含みます。未読の方は注意!!




その正体は、かつて暗黒経済組織ソウカイヤのエリートニンジャ部隊シックスゲイツ最強とも謳われた手練れのニンジャであった。

現在はオハギ中毒とブランクで腕が落ちているが、全盛期は秘密結社ザイバツのグランドマスターであるサラマンダーと引き分ける程の実力者だったという。


接触してきたソウカイニンジャ・ウォーロックにオハギ中毒からの解放を交換条件として提示されたことでシックスゲイツに復帰、ニンジャ・インターラプターとしてニンジャスレイヤーと対峙する。

途中、ウォーロックが乱入させたヒョットコ軍団を前に一時休戦。彼と共にこれを壊滅させる。

しかしその最中、ウォーロックにより明かされた過去は、彼が認識しているものと大きく異なっていた。


彼がかつてデッカーであったのは確かだが、その本性は同時にそのカラテで道ゆく人々をツジギリして回っていた猟奇殺人嗜好者であった。

「今はデッカー時代の部下と暮らす、別れた妻と子」は元よりインターラプターの妻子などではなく、彼の素性に気づいた元部下もろとも、既に殺害された犠牲者に過ぎなかったのである。

ソウカイヤに入ってオハギに手を出したのも、過剰な殺人嗜好を抑えるためのものだった。


本当の過去を突き付けられた彼は、真の記憶を取り戻し血の涙を流しながらニンジャスレイヤーと再び対峙。

そして一瞬の攻防の末に敗北、彼にユカノを探すヒントを与えてのち、カイシャクされ死亡した。


最期に閉じられた彼の瞳は安らかであった。


容姿

がっしり盛り上がった肩と太い首が作る筋骨隆々の四角いシルエットを持つ。


ジツ・カラテ等

カラダチ

物理的な攻撃を無効化するムテキ・アティチュードの一種。

奇妙な中腰の構えから相手の打撃を受けることで、打撃を無効化し、反発力をカラテ震動させて、攻撃に使われた手脚を磁石のように吸いつけ相手を拘束する絶対防御カラテ。

彼は受けるタイミングで「フンハー!」というシャウトを放っていた。カラテ・シャウトとすればこれによって防御力の底上げがあった可能性もある。


タタミ・ケン

ぎりぎりまで上半身をひねって繰り出す強烈な打撃。

直撃すれば人間を軽く十数メートル吹き飛ばしたうえに壁にめり込ませるほどの威力を持つ。

カラダチ拘束からほぼ真後ろまで身をひねってのタタミ・ケンというコンビネーションをヒサツ・ワザめいて使いこなす。


第3部「ゼア・イズ・ア・ライト」では彼の兄弟弟子であるインターセプターが登場。

カラダチとタタミ・ケンはザムラ・シンダキという人物が授けたコントラ・ウエポン(カウンター攻撃の意味か?)であり、モータル由来の技であること、インターラプターのニンジャネームもおそらくその師匠が名付けたものであることが語られている。


関連タグ

ニンジャスレイヤー

◆忍◆ ニンジャ名鑑#12 【インターラプター】 ◆殺◆

シックス・ゲイツのニンジャ。

暗殺カラテ技「タタミ・ケン」と絶対防御の構え「カラダチ」を修得、

その実力はコンクリートを素手で破砕しガトリングガン1ドラムの弾丸に耐えきる程だが、

反動として深刻なオハギ中毒を抱えている。

ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)


「なんとすがすがしいことか。おれには何も無駄なものが無い」

人物

登場エピソードは第1部「フィスト・フィルド・ウィズ・リグレット・アンド・オハギ」。

ニンジャではあるが普段は「サカキ・ワタナベ」と名乗り、ネオサイタマの地下倉庫施設を利用した浮浪者キャンプのヨージンボーをしている。

キャンプを訪れる社会的弱者や怪我人を放っておかず硬骨漢でキャンプの人々からも慕われている。


元は妻子持ちの刑事(デッカー)だったが疲労の末にオハギ(劇中では中毒性のある危険なドラッグとして扱われている)に手を出し、その末に離婚。同時に深刻なオハギ中毒となる。

退職後は探偵となったが、そこから更に身を持ち崩して浮浪者キャンプに至る。


ダークニンジャとの戦いで負傷したニンジャスレイヤーを匿い、イチロー・モリタの偽名を使う彼と暫しの交流を持つ。

そして彼に別れた妻と娘がデッカー時代の部下と再婚したことと、来月の娘の誕生日に会えることを楽しみにしていることを打ち明けた。

何もかも失ってしまったと自嘲するが、ニンジャスレイヤーにデッカー時代はネオサイタマを、今はキャンプの人々を守る尊い仕事をしていると慰められ涙を流している。


なお、「interrupter」は「遮る者」という意味。


※以下、ネタバレを含みます。未読の方は注意!!




その正体は、かつて暗黒経済組織ソウカイヤのエリートニンジャ部隊シックスゲイツ最強とも謳われた手練れのニンジャであった。

現在はオハギ中毒とブランクで腕が落ちているが、全盛期は秘密結社ザイバツのグランドマスターであるサラマンダーと引き分ける程の実力者だったという。


接触してきたソウカイニンジャ・ウォーロックにオハギ中毒からの解放を交換条件として提示されたことでシックスゲイツに復帰、ニンジャ・インターラプターとしてニンジャスレイヤーと対峙する。

途中、ウォーロックが乱入させたヒョットコ軍団を前に一時休戦。彼と共にこれを壊滅させる。

しかしその最中、ウォーロックにより明かされた過去は、彼が認識しているものと大きく異なっていた。


彼がかつてデッカーであったのは確かだが、その本性は同時にそのカラテで道ゆく人々をツジギリして回っていた猟奇殺人嗜好者であった。

「今はデッカー時代の部下と暮らす、別れた妻と子」は元よりインターラプターの妻子などではなく、彼の素性に気づいた元部下もろとも、既に殺害された犠牲者に過ぎなかったのである。

ソウカイヤに入ってオハギに手を出したのも、過剰な殺人嗜好を抑えるためのものだった。


本当の過去を突き付けられた彼は、真の記憶を取り戻し血の涙を流しながらニンジャスレイヤーと再び対峙。

そして一瞬の攻防の末に敗北、彼にユカノを探すヒントを与えてのち、カイシャクされ死亡した。


最期に閉じられた彼の瞳は安らかであった。


容姿

がっしり盛り上がった肩と太い首が作る筋骨隆々の四角いシルエットを持つ。


ジツ・カラテ等

カラダチ

物理的な攻撃を無効化するムテキ・アティチュードの一種。

奇妙な中腰の構えから相手の打撃を受けることで、打撃を無効化し、反発力をカラテ震動させて、攻撃に使われた手脚を磁石のように吸いつけ相手を拘束する絶対防御カラテ。

彼は受けるタイミングで「フンハー!」というシャウトを放っていた。カラテ・シャウトとすればこれによって防御力の底上げがあった可能性もある。


タタミ・ケン

ぎりぎりまで上半身をひねって繰り出す強烈な打撃。

直撃すれば人間を軽く十数メートル吹き飛ばしたうえに壁にめり込ませるほどの威力を持つ。

カラダチ拘束からほぼ真後ろまで身をひねってのタタミ・ケンというコンビネーションをヒサツ・ワザめいて使いこなす。


第3部「ゼア・イズ・ア・ライト」では彼の兄弟弟子であるインターセプターが登場。

カラダチとタタミ・ケンはザムラ・シンダキという人物が授けたコントラ・ウエポン(カウンター攻撃の意味か?)であり、モータル由来の技であること、インターラプターのニンジャネームもおそらくその師匠が名付けたものであることが語られている。


関連タグ

ニンジャスレイヤー

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

インターラプター
3
インターラプター
3
インターラプターはサイバーパンクニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』の登場人物。

◆忍◆ ニンジャ名鑑#12 【インターラプター】 ◆殺◆

シックス・ゲイツのニンジャ。

暗殺カラテ技「タタミ・ケン」と絶対防御の構え「カラダチ」を修得、

その実力はコンクリートを素手で破砕しガトリングガン1ドラムの弾丸に耐えきる程だが、

反動として深刻なオハギ中毒を抱えている。

ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)


「なんとすがすがしいことか。おれには何も無駄なものが無い」

人物

登場エピソードは第1部「フィスト・フィルド・ウィズ・リグレット・アンド・オハギ」。

ニンジャではあるが普段は「サカキ・ワタナベ」と名乗り、ネオサイタマの地下倉庫施設を利用した浮浪者キャンプのヨージンボーをしている。

キャンプを訪れる社会的弱者や怪我人を放っておかず硬骨漢でキャンプの人々からも慕われている。


元は妻子持ちの刑事(デッカー)だったが疲労の末にオハギ(劇中では中毒性のある危険なドラッグとして扱われている)に手を出し、その末に離婚。同時に深刻なオハギ中毒となる。

退職後は探偵となったが、そこから更に身を持ち崩して浮浪者キャンプに至る。


ダークニンジャとの戦いで負傷したニンジャスレイヤーを匿い、イチロー・モリタの偽名を使う彼と暫しの交流を持つ。

そして彼に別れた妻と娘がデッカー時代の部下と再婚したことと、来月の娘の誕生日に会えることを楽しみにしていることを打ち明けた。

何もかも失ってしまったと自嘲するが、ニンジャスレイヤーにデッカー時代はネオサイタマを、今はキャンプの人々を守る尊い仕事をしていると慰められ涙を流している。


なお、「interrupter」は「遮る者」という意味。


※以下、ネタバレを含みます。未読の方は注意!!




その正体は、かつて暗黒経済組織ソウカイヤのエリートニンジャ部隊シックスゲイツ最強とも謳われた手練れのニンジャであった。

現在はオハギ中毒とブランクで腕が落ちているが、全盛期は秘密結社ザイバツのグランドマスターであるサラマンダーと引き分ける程の実力者だったという。


接触してきたソウカイニンジャ・ウォーロックにオハギ中毒からの解放を交換条件として提示されたことでシックスゲイツに復帰、ニンジャ・インターラプターとしてニンジャスレイヤーと対峙する。

途中、ウォーロックが乱入させたヒョットコ軍団を前に一時休戦。彼と共にこれを壊滅させる。

しかしその最中、ウォーロックにより明かされた過去は、彼が認識しているものと大きく異なっていた。


彼がかつてデッカーであったのは確かだが、その本性は同時にそのカラテで道ゆく人々をツジギリして回っていた猟奇殺人嗜好者であった。

「今はデッカー時代の部下と暮らす、別れた妻と子」は元よりインターラプターの妻子などではなく、彼の素性に気づいた元部下もろとも、既に殺害された犠牲者に過ぎなかったのである。

ソウカイヤに入ってオハギに手を出したのも、過剰な殺人嗜好を抑えるためのものだった。


本当の過去を突き付けられた彼は、真の記憶を取り戻し血の涙を流しながらニンジャスレイヤーと再び対峙。

そして一瞬の攻防の末に敗北、彼にユカノを探すヒントを与えてのち、カイシャクされ死亡した。


最期に閉じられた彼の瞳は安らかであった。


容姿

がっしり盛り上がった肩と太い首が作る筋骨隆々の四角いシルエットを持つ。


ジツ・カラテ等

カラダチ

物理的な攻撃を無効化するムテキ・アティチュードの一種。

奇妙な中腰の構えから相手の打撃を受けることで、打撃を無効化し、反発力をカラテ震動させて、攻撃に使われた手脚を磁石のように吸いつけ相手を拘束する絶対防御カラテ。

彼は受けるタイミングで「フンハー!」というシャウトを放っていた。カラテ・シャウトとすればこれによって防御力の底上げがあった可能性もある。


タタミ・ケン

ぎりぎりまで上半身をひねって繰り出す強烈な打撃。

直撃すれば人間を軽く十数メートル吹き飛ばしたうえに壁にめり込ませるほどの威力を持つ。

カラダチ拘束からほぼ真後ろまで身をひねってのタタミ・ケンというコンビネーションをヒサツ・ワザめいて使いこなす。


第3部「ゼア・イズ・ア・ライト」では彼の兄弟弟子であるインターセプターが登場。

カラダチとタタミ・ケンはザムラ・シンダキという人物が授けたコントラ・ウエポン(カウンター攻撃の意味か?)であり、モータル由来の技であること、インターラプターのニンジャネームもおそらくその師匠が名付けたものであることが語られている。


関連タグ

ニンジャスレイヤー

◆忍◆ ニンジャ名鑑#12 【インターラプター】 ◆殺◆

シックス・ゲイツのニンジャ。

暗殺カラテ技「タタミ・ケン」と絶対防御の構え「カラダチ」を修得、

その実力はコンクリートを素手で破砕しガトリングガン1ドラムの弾丸に耐えきる程だが、

反動として深刻なオハギ中毒を抱えている。

ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)


「なんとすがすがしいことか。おれには何も無駄なものが無い」

人物

登場エピソードは第1部「フィスト・フィルド・ウィズ・リグレット・アンド・オハギ」。

ニンジャではあるが普段は「サカキ・ワタナベ」と名乗り、ネオサイタマの地下倉庫施設を利用した浮浪者キャンプのヨージンボーをしている。

キャンプを訪れる社会的弱者や怪我人を放っておかず硬骨漢でキャンプの人々からも慕われている。


元は妻子持ちの刑事(デッカー)だったが疲労の末にオハギ(劇中では中毒性のある危険なドラッグとして扱われている)に手を出し、その末に離婚。同時に深刻なオハギ中毒となる。

退職後は探偵となったが、そこから更に身を持ち崩して浮浪者キャンプに至る。


ダークニンジャとの戦いで負傷したニンジャスレイヤーを匿い、イチロー・モリタの偽名を使う彼と暫しの交流を持つ。

そして彼に別れた妻と娘がデッカー時代の部下と再婚したことと、来月の娘の誕生日に会えることを楽しみにしていることを打ち明けた。

何もかも失ってしまったと自嘲するが、ニンジャスレイヤーにデッカー時代はネオサイタマを、今はキャンプの人々を守る尊い仕事をしていると慰められ涙を流している。


なお、「interrupter」は「遮る者」という意味。


※以下、ネタバレを含みます。未読の方は注意!!




その正体は、かつて暗黒経済組織ソウカイヤのエリートニンジャ部隊シックスゲイツ最強とも謳われた手練れのニンジャであった。

現在はオハギ中毒とブランクで腕が落ちているが、全盛期は秘密結社ザイバツのグランドマスターであるサラマンダーと引き分ける程の実力者だったという。


接触してきたソウカイニンジャ・ウォーロックにオハギ中毒からの解放を交換条件として提示されたことでシックスゲイツに復帰、ニンジャ・インターラプターとしてニンジャスレイヤーと対峙する。

途中、ウォーロックが乱入させたヒョットコ軍団を前に一時休戦。彼と共にこれを壊滅させる。

しかしその最中、ウォーロックにより明かされた過去は、彼が認識しているものと大きく異なっていた。


彼がかつてデッカーであったのは確かだが、その本性は同時にそのカラテで道ゆく人々をツジギリして回っていた猟奇殺人嗜好者であった。

「今はデッカー時代の部下と暮らす、別れた妻と子」は元よりインターラプターの妻子などではなく、彼の素性に気づいた元部下もろとも、既に殺害された犠牲者に過ぎなかったのである。

ソウカイヤに入ってオハギに手を出したのも、過剰な殺人嗜好を抑えるためのものだった。


本当の過去を突き付けられた彼は、真の記憶を取り戻し血の涙を流しながらニンジャスレイヤーと再び対峙。

そして一瞬の攻防の末に敗北、彼にユカノを探すヒントを与えてのち、カイシャクされ死亡した。


最期に閉じられた彼の瞳は安らかであった。


容姿

がっしり盛り上がった肩と太い首が作る筋骨隆々の四角いシルエットを持つ。


ジツ・カラテ等

カラダチ

物理的な攻撃を無効化するムテキ・アティチュードの一種。

奇妙な中腰の構えから相手の打撃を受けることで、打撃を無効化し、反発力をカラテ震動させて、攻撃に使われた手脚を磁石のように吸いつけ相手を拘束する絶対防御カラテ。

彼は受けるタイミングで「フンハー!」というシャウトを放っていた。カラテ・シャウトとすればこれによって防御力の底上げがあった可能性もある。


タタミ・ケン

ぎりぎりまで上半身をひねって繰り出す強烈な打撃。

直撃すれば人間を軽く十数メートル吹き飛ばしたうえに壁にめり込ませるほどの威力を持つ。

カラダチ拘束からほぼ真後ろまで身をひねってのタタミ・ケンというコンビネーションをヒサツ・ワザめいて使いこなす。


第3部「ゼア・イズ・ア・ライト」では彼の兄弟弟子であるインターセプターが登場。

カラダチとタタミ・ケンはザムラ・シンダキという人物が授けたコントラ・ウエポン(カウンター攻撃の意味か?)であり、モータル由来の技であること、インターラプターのニンジャネームもおそらくその師匠が名付けたものであることが語られている。


関連タグ

ニンジャスレイヤー

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 悪評令嬢なのに、美貌の公子が迫ってくる

    読む▶︎
  3. もう興味がないと離婚された令嬢の意外と楽しい新生活

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー