ピクシブ百科事典

ソークス

そーくす

ソークスとはソリトンソフトウェアより開発され、アスキー(エンターブレイン)より発売されたゲーム「ウィザードリィ外伝 女王の受難」の最終ボスである。
目次[非表示]

概要

ウィザードリィ外伝 女王の受難のラスボス。失踪した女王アイラスのである。失踪した理由は世界を破壊するためである。

外伝Iについて

『ウィザードリィ外伝I ~女王の受難~』(SUFFERING OF THE QUEEN)は、1991年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジ。発売元はアスキー、開発はゲームスタジオ

モンスター及びキャラクターのデザインは池上明子が担当。シリーズ常連のモンスター(後述のディンクを含む)は末弥純のデザインを踏襲しつつ、新規に描き起こしている。

1993年高井信によるノベライズ版『女王アイラスの受難』が株式会社アスペクトからログアウト冒険文庫で発表されている。

後にネザードメイン(Nether Domain)#2としてリメイクされている。

外伝Iは正伝に対するサイドストーリーとしての性質が強調されており、ゲームシステムは#5をベースとして、ストーリーは#2後日談ダンジョンFC版Ⅲ(#2のアレンジ版)のものがベースになっている。

ウィザードリィ外伝シリーズに関しては当該記事を参照。

ストーリー

新女王アイラス即位の3日後に姉・ソークスが失踪リルガミン全土に厄災が巻き起こり、王国を護る精霊神器『ニルダの杖(STAFF of GNILDA)』の輝きも失われ、とどめとばかりにタイロッサムが造反し、『ダバルプス(Davalpus)の呪い穴』に立てこもり魔物たちを召喚し始めた。

立て続けに災難に見舞われた若き女王アイラスは、城下に触れを出し、冒険者を募った…

『旧王宮の地下に身を潜め、王国に害を為す、不届きなる反逆者タイロッサムを討伐せし者には、名誉と褒美を授ける。』

これが外伝Iの始まり。

タイロッサム

リルガミンの宮廷魔術師であり、ソークスとアイラスの教師でもある。
この大それた反逆者じいちゃんをやっつけることが、プレイヤーの最初の目的になる。

ディンク(Dink)

#2の地下一階~二階に出現するモンスター・ディンク(不確定名『ちいさなとしおいたおとこ(Little Old Man)』)が、今回はNPCとして登場。
宝箱を売ってくれる他、宝箱にを仕掛ける職人でもある様子。宝箱の罠はどんな凶悪なモンスターよりも多くの冒険者の命を奪ってきたが、それもこれもこのじいちゃんの仕業らしい。このやろう生かしちゃおかねぇ!

関連動画



関連タグ

ゲーム Wizardry ウィザードリィ レトロゲーム ゲームボーイ ウィザードリィ外伝 ラスボス 最終ボス 最後の敵 Wizardry外伝

pixivに投稿された作品 pixivで「ソークス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2241

コメント