ピクシブ百科事典

目次[非表示]

実在の企業店舗の名称、もしくは創作上のキャラクター名
pixivではRPGwizardry外伝Ⅰ 女王の受難』の登場人物を描いた作品に付与されるタグ。

概要

ソークスはリルガミン王家の王女であり、若き女王アイラスの双子である。

双子だけにそっくりな姿をしているが、ソークスは銀髪で青いローブを纏い、アイラスは金髪で赤いドレスを纏う(カラーリングは双葉社刊行の攻略本による)。

wizardry外伝Ⅰ

『ウィザードリィ外伝I ~女王の受難~』(SUFFERING OF THE QUEEN)は、1991年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジ。
開発はゲームスタジオ、販売はアスキー

1987年1988年に発売されたFC版wizardry』のⅠとⅡはいわゆる洋ゲーの移植版であり、それぞれが本家のシナリオ#1シナリオ#3を原作としている、
これらは本家Sir-Tech社からも好意的な評価を受け、シナリオ#2を大幅にアレンジした事実上の新作を『wizardryⅢ』として発売する許可が得られ、これがまた良アレンジであったことから、完全新作のストーリーに『wizardry』の名を冠した本家公認の外伝シリーズがスタートした。
その第一作が『wizardry外伝Ⅰ 女王の受難』である。

モンスター及びキャラクターのデザインは池上明子が担当。
シリーズ常連のモンスター(後述のディンクを含む)は末弥純のデザインを踏襲しつつ、新規に描き起こしている。

後に版権要素を変更し、ガラケーアプリ『Nether Domain #2』としてリメイクされている。

外伝Iは正伝に対するサイドストーリーとしての性質が強調されており、ゲームシステムはシナリオ#5をベースとして、ダンジョンはFC版Ⅲの「ダバルプスの呪い穴」を改装したものになっている。。

ウィザードリィ外伝シリーズに関しては当該記事を参照。

女王の受難

舞台はシナリオ#5"Heart of the Maelstrom"から数十年後のリルガミン(媒体によって解釈にバラつきがある)。

新女王アイラス即位祝祭は、季節外れの暴風雨によって中止となり、数日にわたって吹き荒れたが止んだ頃にはソークスが消息を絶っていた。

その後約一年間、あらゆる天変地異がリルガミンを襲い、王都を守護する神器ニルダの杖」の輝きも失われた。
さらには賢者タイロッサムが、至宝リルガミンの宝珠」を持ち出し、旧王宮跡地である「ダバルプスの呪い穴」に籠りモンスターを召喚し始める。

そしてリルガミン城下と近隣の町村に、女王アイラスの御触書を記した高札が立てられた。
旧王宮の地下に身を潜め、王国に害を為す、不届きなる反逆者タイロッサムを討伐せし者には、名誉と褒美を授ける。

関連書籍

攻略本

JICC出版局『ウィザードリィ・外伝Ⅰのすべて』
アスキー『アスキームック ウィザードリィ外伝Ⅰ攻略の手引き』
双葉社『ゲームボーイ完璧攻略シリーズ ウィザードリィ・外伝1必勝攻略法』
創芸社『ゲームボーイスーパー攻略ガイド ウィザードリィ外伝Ⅰ』

ノベライズ

アスペクト『ログアウト冒険文庫 ウィザードリィ外伝 女王アイラスの受難』高井信
双葉社『双葉社ファンタジーノベルシリーズ 小説ウィザードリィ⑥ 女王の受難』吉本正彦
双葉社『ゲームボーイ冒険ゲームブック ウィザードリィ・外伝Ⅰ 女王の受難』山崎和緒

登場人物

『wizardry』シリーズの伝統に従い、プレイヤーが操作する冒険者の人格や背景に関する設定は何もない。
よって物語の「登場人物」とはNPC及び固定出現モンスターを指す。

女王アイラス
作品タイトル『女王の受難』の通り、即位直後から気の休まる暇もない苦労人。
冒険者が謁見できるのは「リルガミンの宝珠」を持ち帰った後。

賢者たち
古くからリルガミンの王家に仕え、政務を司る重臣たち。タイロッサムもこのうちの一人だった。

マーフィーズゴースト
本作ではB2某所に固定出現。ゲーム開始直後に直行できる場所ではなく、能力的にもそこそこ強いので、初心者向けサンドバッグとは言い難い部分もある。

ハイプリースト
B3地下神殿祭壇に陣取る僧侶。グラフィックはB6のランダム遭遇モンスターの一種プリレート(prelate)と同一。

謎の尼僧
「銀の鍵」を渡すとともに、タイロッサムから女王アイラスへの伝言を告げ、いずこかへ去っていく。

ちいさなとしおいたおとこ
迷宮内を徘徊する謎めいた男。宝箱の職人らしい。
その容姿はシナリオ#2に出現するモンスター・ディンク(Dink)にそっくりなのだが…?

メロウ
B5の(地底湖)に固定出現する人魚。見た目は嫋やかだがかなりの難敵で、地の利を生かして泳ぎ回り強力な呪文を操る。

タイロッサム
リルガミン王家に仕える重臣の一人で宮廷魔術師であり、ソークス・アイラス姉妹の守り役で師でもある。
B6某所にて待ち受けるこの老人を倒し、「リルガミンの宝珠」を持ち帰るのが冒険者たち(プレイヤー)の目的。

フラック
タイロッサムが召喚し使役している伝説の妖魔
「リルガミンの宝珠」を持ち帰り、女王から階級章を授かった勇者が再び同じ場所に来ると、フラックが出現し襲い掛かってくる。
伝説の妖魔を相手に、死後も継続する召喚契約を結ぶとは、さすがはタイロッサムというべきか。










以下ネタバレ注意!
全六階層からなる「ダバルプスの呪い穴」の最深層にタイロッサムはいるのだが、タイロッサムを倒しその奥に進むと、通常のワープゾーンとは異なる「空間の裂け目」を発見できる。
その向こう側には、現世と並行に存在する異次元世界に構築された、「ダバルプスの呪い穴」と同規模の迷宮が広がっており…








ミーミアー
異次元迷宮B3である条件を満たすと、その場所に「知恵の泉」が出現し、冒険者が泉に入ると出現するのが、北欧神話の水の巨人ミーミルことミーミアー(Mímir)。
本作にはランダム遭遇モンスターや入手可能な武具に、北欧神話由来のものが複数確認できる。

ラスボス
この記事の初版ですでに明かされていたので今更だが、最後に冒険者たちを待ち受けているラスボスはソークスその人である。
失踪した理由は世界を破壊するため。なぜ破壊する必要があるのかなどは、ゲーム本編では語られない。

吉本正彦による小説版では、「失踪の五年前にソークスの拉致を企てた者が術をかけていた」「これを解呪できなかったためにソークスは継承権を放棄した」「ラスボスとしてのソークスは別の人格に体を乗っ取られている」というオリジナル設定で展開している。

モンスターリスト

モンスター(wizardry)も参照。
シリーズ全体を見ても外伝Ⅰにしか登場せず、元ネタも不明なモンスターが少なくない。

#リヒャルデス


リープスライム オーク コボルド アンデットコボルド ノーコーン
ブリンクドック スラストビートル オイハギ マジシャン ペティプリースト
ジャックオーランタン マーミドン プラージフロッグ ジグラル ロッティングコープス
ワーキャット ファイアービートル スケルトンソルジャー シーフ オチムシャ
モンク ウイッチ ゲニン グール ガーディアン
クレリック ビショップ ソーサラー コカトリス エクスキューショナー
スライホビット バグベアー ワースネーク コディアックベアー ソーサリス
ニンジャ サムライ ストーンフライ ガキ モスマン
サスカッチ シーカー ギルモゥア ワークロゥ ウィザード
ダークプリースト ダークビショップ デュラハン マーフィーズゴースト カナバル
ハイウィザード マスターシーフ キメラ ストライクエイプ マウモリスク
マッドゴーレム おくじょちゅう ハタモト マスターニンジャ プリレート
ハイプリーステス アークウィザード ハイソーサリス アークビショップ トモエ
ウイングデーモン エルマナヤン バンパイア ソウルトラッパー フォールンエンジェル
ライトニングボール ワイヤードナイト ファイアージャイアント フロストジャイアント スプリガン
ゼブラジャイアント タイタン ベナムクロゥラー ヘプタバレント ボールビートル
ガルトズル ディスプレッサービスト アイスドラゴン ブレイズドラゴン ゴドルグバッシュ
オロチ ラルバー フェートスピナー レイバーロード ハイマスター リヒャルデス
タタール グレーターデーモン ソーンラフター ブロンディ フラックス
サイデル タダトキ ライカーガス シャセツ エンハントレス
バンパイアロード アイボール マイルフィック ホーンドデビル アークデーモン
フェンリアー ニーズホッガー ガーム レスバーグ ゾンビ
レッサーデーモン
召喚モンスター
フェアリー セラフ エアジャイアント グレーターデビル ファズボール
ウィルオーウィスプ ストーンゴーレム

関連動画




関連タグ

ゲーム RPG
レトロゲーム ゲームボーイ
Wizardry ウィザードリィ
Wizardry外伝 ウィザードリィ外伝
王女 魔術師 双子
ラスボス 最終ボス 最後の敵
エネミー モンスター(wizardry)

関連記事

親記事

Wizardry外伝 うぃざーどりぃがいでん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ソークス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2858

コメント