2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

『強いものは よわいものを 食いつくし そのために戦う、 それが真理じゃないですかねェ』

『愛してますブッダ…この世でいちばん愛してるのはあなたです。』

概要


手塚治虫氏の漫画『ブッダ』の登場人物。
ブッダの弟子の一人だが、のちにブッダを裏切るようになる。

人物・経歴


容姿端麗で博識な男。マキャベリズムな一面がある。

ブッダの一番弟子となるアナンダの異父兄。
元カピラヴァストゥ国王バンダカの息子だが、生まれながらに父を失っており、幼少期に友人を殺害したために一人国を追放される。

青年期はマガダ国王の家来としてアジャセ王子に仕える。

ブッダに出会い出家した後はマガダ国王の家来として仕事を続ける一方、教団の組織づくりに努める。

しかし、教団が大きくなると後継者は自分しかいないと実力を自負するようになる。
ブッダに自分を後継者にするようせがむが、断られ次第に彼を憎むようになる。

その後アジャセ王子に取り入り、教団を分裂させようとしたりブッダ殺害を企てたりするも全て失敗に終わる。

最後は自らの爪に浸した毒でブッダを殺害しようとするが、失敗し負った傷から入った毒によって苦しみながら絶命する。

絶命の間際、ブッダに向かって本心を打ち明ける。


「私ァ………あんたになりたくてなれかった……だ、だから…あ…ん…た…が…に…にく…かった…」


手塚スターシステム


火の鳥』乱世篇に登場する源義経

関連タグ


手塚治虫 手塚治虫のブッダ

関連記事

親記事

手塚治虫のブッダ てづかぶっだ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダイバダッタ(手塚ブッダ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダイバダッタ(手塚ブッダ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45367

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました