ピクシブ百科事典

チェスボクシング

ちぇすぼくしんぐ

チェス(4分間)とボクシング(2分間)を交互に行う競技。

冗談みたいな概要だが、実在するスポーツである。
とはいえ歴史は浅く、2003年にオランダ人アーティストのイップ・ルービングが団体を立ち上げ人気が出始めたばかり。
ボクシングによるアドレナリン過多の肉体緊張状態をすぐ切り替えてチェスに必要な集中力を獲得することが難しく、かつ挑戦し甲斐があると言われる。

勝つには交互に行われる4分間のチェス(奇数ラウンド)か2分間のボクシング(偶数ラウンド)のどちらかで勝てばいい。もしくはチェスの持ち時間(12分)が切れると負け。各ラウンド間には1分の休憩があり、最大11ラウンドまで続くのが公式ルール。
(11ラウンドの時点でチェスの合計時間は1・3・5・7・9・11の6ラウンド×4分=24分になるので、必ずどちらかが切れ負けになる。)

チェス初心者のボクサーでもボクシング3ラウンドは戦えることになるので、ボクシングの弱いチェス名人より有利と思われるようだが、トップクラスの選手のほとんどはエキスパート級のチェスプレイヤーで占められるという。


関連タグ

チェス ボクシング 将棋ボクシング 文武両道 混ぜるな危険/なぜ混ぜたし
囲碁サッカー部

関連記事

親記事

なぜ混ぜたし なぜまぜたし

子記事

兄弟記事

コメント