ピクシブ百科事典

チトセ

ちとせ

ここでは『らくだい魔女シリーズ』の登場人物について記述。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 人名「ちとせ」の表記揺れ。
  2. テイルズオブイノセンス』に登場する敵キャラクターの一人 → チトセ・チャルマ
  3. らくだい魔女』の登場人物。本項で解説。


概要

児童文庫・ポプラポケット文庫より刊行されているらくだい魔女の登場人物。
青の城の13番目の王子様。
フウカとは幼稚園からの幼馴染

呼称

一人称オレ
フウカフウカ
カリンカリン
カイカイ
キースキース
リリカ不明
セイラセイラ


人物像

※編集中

余談

・彼が主人公の、原作14巻の最終ページにて彼は

勇者グラウディはだれもが知る英雄だ。
    いつか自分も、だれからもたたえられるそんな勇者になりたいと思っていた。
  でも、いまはたったひとりの大切な人をまもれる、そんな勇者になりたい。

と語っているのだが、彼にとってのたったひとりの大切な人とは、いったい誰の事なのだろうか…。

関連タグ

らくだい魔女 フウカ カリン(らくだい魔女) カイ(らくだい魔女) セイラ(らくだい魔女)

カップリング

チトフウ

以下ネタバレ注意

























とこしえの時、深遠の時、時のはざまに住む王よ、われは時の壁をさずけられし者。
   いま、わが前に、刹那の時をあらわしたまえ────



経緯

原作3巻にて、幼いフウカは崖から落ち急死してしまう。
そこでチトセは時の神と、フウカの命を助ける代わりに時至りしときに
自身の全魔力を、時の神にささげる という契約をする。

斯くして無事一命をとりとめたフウカだが、時至りし現在 再び崖から落ちそうになる
が、今回はチトセがフウカの腕をつかむことが出来たため 事なきを得た。
そう思われたのだが、突如 例の時の神が現れ、チトセに 
今フウカの手をはなせば契約を解消する と話を持ちかける。

しかし一蹴し、チトセは魔力が無いながらもフウカを守ろうとする。
そんなチトセを青の城を統べるものとして認めた時の神は、チトセに彼の全魔力を返すと同時に
時の壁の力をさずけるのだった。

時の壁

原作14巻にて 
城の歴史の中でもつかえる者はかぞえるほどしかいない、時のはざまにあしき者を封じる、
完全無欠の封魔の術

と説明されている。
また、上記の台詞は時の壁を唱える際の呪文である。

なお 2015年3月現在 発売されている巻の中で、時の壁をさずかったことがはっきりと
明記されている者はチトセと、その祖父である勇者グラウディだけなのだが、
チトセの術はまだ未完成であり、一人では使う事が出来ない。

つまり二人でなら……。

pixivに投稿された作品 pixivで「チトセ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78886

コメント