ピクシブ百科事典

カイ(らくだい魔女)

かい

らくだい魔女シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「おめでとう、サヤ。ア・メーラ」

「…目のまえで大切な人をなくすのはもういやだから」

「歴史はときに残酷、本物の英雄っていうのは見えないところにいるもんだ」


概要

児童文庫・ポプラポケット文庫の作品『らくだい魔女』の登場人物。
6巻にて初登場。フウカ達のクラスメイト。
猫のマリアンヌを肩にのせており、いつも一緒にいる。
カリンのことが好きなようだが、本気かどうかは不明。

呼称

一人称おいら
フウカフウカ
チトセちーくん
カリンカリン
キース不明
リリカ不明
ビアンカ不明
シロ不明
セイラ不明


人物像

フウカ達のクラスメイトだが、学校には来たり来なかったりで、むしろ来ている方が珍しい。
そのため、フウカからは「学年一の変わりもの」と評価されている。

フウカ曰くいつも、のらりくらりとしていて、何を考えているのか全然わからない。
しかし、そこが彼の魅力であるのか、水の国のお姫様であるビアンカなど、
意外な人物にモテたりする。

深緑色のはねあがった髪と、赤みがかった瞳を持っており、
両耳には、金色のピアスを付けている。
また、このピアスを本編ではよく指でいじっており、おそらくこれが彼の癖なのだと思われる。

ちなみに、赤の国の第一王女のサヤ曰くこの癖は、
カンドラ王国(リンク先、カンドラ王国の項目参照)の最後の王である
レグルスと同じものである。
(レグルスは 言いたいことをちゃんと言えない時や、些細な嘘をつくときに、
誤魔化すように耳に手をやるらしい。)

本人曰く、彼は赤の国生まれであり、何かと赤の国について詳しい。
また、サヤとは何かしら接点があるのか、
サヤの婚約記念パレードが行われる広場へ視線を向け普段は見せないような寂しげな顔をしたり、
普段は他人事のように扱う事件にも、サヤが関わると激しくつっかかったりしていた。
ちなみに、原作15巻にて彼は「オイラの初恋は、サヤ王女なんだ(省略)」と語っている。

余談

・本人曰く、彼の誕生星座は獅子座。獅子座の恒星レグルスという星であり、
カンドラ王国の王、レグルスと同じ名前である。

・幼いころ、サヤとレグルスはよくカンドラ王国で一緒に遊んでおり、結婚の約束もしたそうだ。

・フウカ達の前に、突如レグルスの姉が現れた際、彼はひどく動揺したようによろめいていた

…おや?

関連画像

Wonder land
らくがきカイくん


カイ
【らく魔女】カイくん



関連タグ

らくだい魔女 らく魔女
フウカ チトセ カリン(らくだい魔女) ビアンカ(らくだい魔女)

(正体)以下ネタバレ注意。























χ



読者の中では薄薄気づいている者は少なからず存在したと思うが、
彼の正体は今、巷で有名な泥棒「怪盗X」である。

怪盗X

白獅子にまたがり華麗に宝石をぬすんでは、真っ赤なバラをちらして消え、
まっ白で勇猛なライオンを傍らにつれ、いかなる包囲網もすばらしい頭脳でかいくぐる天才怪盗
また、前述したマリアンヌの正体は、伝説の四霊獣の一つ 閃光の霊獣である。

白いマントとタキシードを着用しており、頭にはシルクハットを被っている。

彼が盗みを働く際は、毎回トランプほどの金属のプレートで出来た予告状を出しているのだが、
たとえ盗みを働いたとしても、盗んだ宝石のかわりにもっと高価な宝石を置いていっている。
そのことから彼の正体は、大富豪の御曹司や絶世の美男子であるなど様々な噂がある。

原作16巻にて、怪盗Xはフウカの母親であるレイアが成人する前(もちろんフウカが生まれる前)
から存在していたことが明らかになったのだが、これには彼の正体に関するある理由があった。

余談

・怪盗XのXは、ギリシャ語カイと読むらしい。

・彼の格好や、性格、一人称が「わたし」(怪盗X時のみ)である などのことから
某白き罪人を髣髴させる事が出来る。

・フウカは彼の事をキザな怪盗 と認識しているのだが、それに対しカイは
「怪盗Xはキザじゃなくて、紳士なの」と反論している。

以下彼の正体に関する最重要ネタバレあり。






















フウカ達のクラスメイトにして、天才怪盗「怪盗X」でもある彼。
そんな彼の真の正体は…









カンドラ王国最後の王レグルスである。

pixivに投稿された作品 pixivで「カイ(らくだい魔女)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1188

コメント