ピクシブ百科事典

ティアマト・マグナ

てぃあまぐ

グランブルーファンタジーに登場する星晶獣「ティアマト」の真の姿。そして彼女のテーマ曲の名前
目次[非表示]

概要

グランブルーファンタジーに登場する星晶獣「ティアマト」の真の姿。ゲーム的には一定ランクになるとマルチが解禁、次発するためにはある程度進行した上でザンクティンゼルに向かい、マルチバトルのティアマトをクリアすると出てくる「アニマ」を消費することで戦闘可能。

ティアマト・マグナ
ティアマトマグナ


 ザンクティンゼル(主人公の故郷)の祠をイジったばかりにやってきた風の暴竜。少女のような風貌からキレイなお姉さんに進化した他、随伴するドラゴンがビックリするほどデカく、ゴツくなって帰ってきた。ルリアノート曰く「あらゆる諸島を飲みこむ」厄災をまき散らすような恐ろしい力をもった存在であり、戦闘でも眼を光らせただけでティアマトの時よりもはるかに強力なダメージを与えてくる。


BGMはポートブリーズ諸島で流れるBGMとメインテーマの一つ、始まりの風を合わせたアレンジ。民族舞踊めいたエスニックな曲である。尚、歌詞に意味はない。



エスターニアッレーボヌヒリーヤッエースターヌボッサーダバダエェッエスターニアッホーフロミリーヤッエスリーニアッバーダレー


戦闘

多段攻撃の「エリアルクラスター」様々なデバフつきの全体火属性攻撃「バックドラフト」や攻撃力を下げる「トルネードディザスター」が強力だが、なにより気をつけるべきはOD時の奥義である「乱壊のテンペスト」。この破壊力は対策なしに受ければ弱点属性の火属性パーティーすら容易に粉微塵にしてしまう。が、最初に解禁されたマグナだけあり、絡め手なしの正々堂々の殴り合い系バトルスタイルのため、他のマグナと比べると戦いやすい。とにかくOD時の奥義にさえ気をつければなんとかなる。

その一方で、HLマルチバトルの時は女性部分ではなく、ニル、ゼル、エアの三竜と激戦を繰り広げる事になる。無印マグナの時とは違い、三竜それぞれがあの手この手でこちらの攻め手を封じ、力でねじ伏せてくる。以前にも使った「バックドラフト」「トルネードディザスター」「乱壊のテンペスト」の他、混乱効果を与える「ターボマテリアル」、幻影を付与して此方の単体攻撃を台無しにする「クラウドコート」等の搦め手を容赦なく使ってくる。
最も恐ろしいのはエアの使う「アブソリュートテラー」。これはダメージこそ無いがアビリティ封印、奥義封印、虚脱(奥義ゲージが毎ターン減る)を付与する。しかも効果は4ターン以上続くため、三竜へのアビリティを使った対応が一切できなくなる。クリア系効果を使っても消えるのは虚脱からなので、戦局立て直しのために一番解除したいアビリティ封印が解けないというとんでもなさ。
そしてこれは特殊行動である。エアのHPが一定以下になるたびに発動するため、最初から戦っている場合、最大4回はアブソリュートテラーの犠牲になる
実質HP敵にも一体が通常のテティアマグレベルのHPを誇るため、実質一体でも凶悪なマグナ3体を同時に相手をするという、HLにふさわしい難易度を誇る。こんなん勝てるかとお思いかもしれないが、実はティアマグには一つの穴があり、エアを殺すと他の二竜も死ぬ。そのため、基本的にはエアだけ殴っていればいい

現在では修正によりアブソリュートテラーの回数は減ったが、その代わり乱壊のテンペストとトルネードディザスターが特殊行動となり、ストレッサーは減っても結局の難易度自体は変わっていない。

召還石

なんとかティアマト・マグナを撃破すると低確率でドロップ。入手手段はこれしかないが、エンドコンテンツのために嫌と言うほど回るため、入手難易度自体は言うほどの高さでは無いだろう。

召喚効果はマグナ石共通の「マグナ戦で手に入る武器だけを強化できる」というもの。デフォルトで80%、3凸すれば100%になるため、マグナ戦を回りまくって武器を揃えればガチャ産や高難易度クエストのドロップ武器を使うよりも強くなる。2018年4月に最終上限が開放され4凸が可能に。その際の効果はルシフェルやバハムートに並ぶ120%強化。突破のための前提条件が中々に厳しいが、強さが頭打ちになり出したら一度本編を進めて頑張ってみるといいだろう。

召喚効果としてはトルネードディザスターによる攻撃のあと、全体の攻撃力を下げるデバフをかけるため、使い勝手がいい。


関連タグ

グランブルーファンタジー 星晶獣 ティアマト(グラブル)

pixivに投稿された作品 pixivで「ティアマト・マグナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35463

コメント