ピクシブ百科事典

ティアマト(グラブル)

てぃあまと

グランブルーファンタジーに登場する星晶獣である。SSR版[ガーディアン・オブ・ザ・ウインド]、ティアマト。
目次[非表示]

概要

レアリティSSR(召喚石はSR)
属性
タイプ特殊
得意武器格闘
種族星晶獣
年齢不明
身長不明
趣味自由きままに漂うこと
好き豊かな自然、澄み切った青空
苦手自分のペースを乱されること


風属性の星晶獣。長い緑の髪にエルフ耳をしており、三頭の龍「ニル」「ゼル」「エア」を引き連れている(一体となっている?)

 本編クリア後に出てくる討伐クエストの撃破報酬において一定確率で召喚石を手にすることができる(SR)。召喚した時は戦った時にも使ったエリアルクラスターで敵を貫く。
2018年2月28日に恒常SSRキャラとしてガチャ入り。ティアマトボルト・オリジン入手で加入。
ゆぐゆぐに続いてプレイアブルキャラとなった。

奥義アビリティサポートアビリティ
エリアルクラスター/(最終上限解放後)乱壊のテンペスト豊穣の風/フィブルストーム/ウインドクローク風の守護者/アニマ・ドゥクトゥス
人間の姿が混じった外見をしているが、とても巨大。ノベライズやコミカライズの描写では、龍の頭部だけでも中型の騎空艇グランサイファー(全長200m)とほぼ同じとなっている。
アニメでも5話で登場しエリアルクラスターでグランサイファーとグランを迎撃した。
画面に収めるための都合か、漫画版が凄すぎるだけなのか、スケールダウンしており、両手を広げてグランをスッポリ治めるくらいになっている。

ストーリークエストに登場する各属性の星晶獣の一角。
主人公らが命からがら逃げだして不時着し、ラカムと出逢ったポート・ブリーズ諸島に眠る守り神であり、ポート・ブリーズの平和な気候を生み出している張本人。土地神としてあがめられていたが、時代と共に信仰が風化、そこに帝国の力が混ざって暴走し危うく島を全て沈めかねない程の暴風を吹き荒らしてしまった。
ルリアの力によって収束を向かえた後はポート・ブリーズの平和を願い再び眠りについた。

その後、SSRフェイトエピソードにおいて、自分を助けたグラン達に興味を持ったティアマトは自身の力をすこし分割することでグランサイファーに乗り込んだ事が判明している。その際、自分の事を忘れていたポート・ブリーズ民の一人であったラカムに対してツンとするなど、個性的な姿を見せていた。

2020年2月1日、最終上限解放の実施が今月予定で行われる事が発表。この日は、偶然にももう一体のティアマトが登場したFGOアニメ版の総集編放送日と重なった。まさかのティアマト同士の邂逅である。
(その後も最終決戦が近い為か、グラブルとFGOのティアマトが混在する事が多々ある様子)

実は同月に行われる決戦!星の古戦場が風有利の為、古戦場前に実装されるのか後に実装されるのかで大きく戦力に変化が……と言う状況でもあった。さすが風属性、過去に風ヤクザと呼ばれていたのは伊達じゃない。

その後、2月10日に最終上限解放。その日の『ぐらぶるっ!』でも登場、オチは別の意味でも衝撃のラストである。更に言えば、レベル100到達称号も……。

最終上限解放後はアビリティの性能強化がメインだが、その中でも奥義使用後に『狂風の刻印』(風刻印)が自分に付与、その数によってアビリティが強化(及び変化)されるので刻印系星晶獣(エッリル)や刻印を付与できるキャラを持っている場合はメイン起用もありなのかもしれない。
(刻印レベルは最大5)

更に言えば、対土属性の攻撃力強化が風属性のメンバー全員に適用、上述の刻印の数によって能力も強化される。ただし、天司武器の効果とは共存しないのだが……天司武器があまり強化されていない時に役立つだろう。

ティアマト・マグナ

センシティブな作品


ザンクティンゼルの祠の影響で真の力を発揮した姿。
詳細は別記事参照。

ティアマト・マリス

ティアマト・マリス


悪堕ちしたティアマト。

関連イラスト

センシティブな作品



関連タグ

グランブルーファンタジー 星晶獣 ラカム ルリア
ティアマト・マグナ 

風ヤクザ マグナの彼女が落とす「ティアマトボルト・マグナ」はヤクザ化の必須装備と言われる。更に言えば、最終上限解放されたティアマトは逆に風ヤクザ候補と言えるような性能も……。

関連記事

親記事

星晶獣 せいしょうじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ティアマト(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 954042

コメント