ピクシブ百科事典

ティグルヴルムド=ヴォルン

てぃぐるぶるむどゔぉるん

ライトノベル「魔弾の王と戦姫」の主人公。
目次[非表示]

CV:石川界人

概要

ブリューヌ王国の片隅にある土地「アルサス」を治める現領主。
幼い頃から狩りに明け暮れていたため、高い視力と常人離れした弓の技量を持つ。しかし、それ以外の武芸は皆無。
300アルシン(アルシン=メートル)先の人間の額を精確に射抜くほどの実力の持ち主だが、弓は敵に近づかない臆病者の武器であるという風潮があるブリューヌでは、侮蔑の対象でしかなかった。

ある日、国王の命令でジスタート王国との戦に兵を率いて参戦したが、ブリューヌ軍の油断で歴史的大敗に喫してしまう。
なんとか生還していたティグルは、敵の大将であり、七戦姫の一人であるエレオノーラ=ヴィルターリアを討ち取ろうとしたが、彼女の圧倒的な剣技の前に失敗する。
その際、ティグルの弓の技量に興味を持ったエレオノーラに捕虜にされてしまった。

人物

年齢は16歳。爵位は伯爵。親しい人には『ティグル』と呼ばせている。
基本的に楽天家でマイペース。そして、父から受け継いだ領地と領民を何よりも大切にしている。そのため、領民には慕われている。
平時は昼まで寝て、趣味である狩りに没頭する。身だしなみもだらしなく、周りからよく注意されている。だが、戦になると正義感が強く、弱者が略奪や戦争の被害にあうことを何よりも嫌い、自ら戦場に赴く勇敢さも持ち合わせている。

ヴォルン家の黒弓(仮称)

ティグルの持つ黒弓はヴォルン家に代々伝わる物だが、何で出来ているのか、誰が作ったのかなど、その詳細は不明。
黒弓は戦姫の持つ竜具と呼応する性質があり、それぞれの竜具の威力や性質を上乗せして放つことでその威力をさらに高めることができる。また、複数の竜具の力を借りて放つ一撃は巨大船2隻の胴体を貫通させて沈めることすら可能。(ただし、彼らと対峙したロランは直感的に竜具とは別種の存在ではないかと推測している)

伝承よりも遙かに古い話に『魔弾の王』と呼ばれた英雄の伝説があるが、ソフィーヤが保有する文献には「魔弾の王とは女神の意思を地上に顕現させるための代行者であり、人ならざるもの、時には人を打ち倒す者。王道を行き、魔道を歩むもの。英雄となり、魔王となる者」などの記述があり、その人物が使っていたものと同一かどうかは不明。ちなみに、タイトルの「魔弾」とはこの弓から放たれる矢のこと。

また、闇の女神「ティル=ナ=ファ」と何らかの関わりがあるようで、ティグルは時折ティル=ナ=ファを名乗る女性の声を聞いている。なおこの弓は過去にも使用者がおり、その威力は強大の一言に尽き、使用者の命を犠牲に巨大な都市を一撃で地図から消し去ることすらできるとされる。

余談

リュドミラに救われる。リムに背負われる、記憶喪失の所を戦姫に見初められる等々、攻略『される』ストーリーを数え上げればいとまがないため、姫、真のヒロインと冗談半分に言われていた所……なんと「夏コン」 MF文庫J 夏のヒロインコンテスト2014 に置いて、ヒロイン『ティグル子』としてノミネートされた。


関連タグ

魔弾の王と戦姫  エレオノーラ=ヴィルターリア

pixivに投稿された作品 pixivで「ティグルヴルムド=ヴォルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117039

コメント