ピクシブ百科事典

ヴァレンティナ=グリンカ=エステス

ゔぁれんてぃなぐりんかえすてす

川口士のライトノベル『魔弾の王と戦姫』の登場人物。

CV:原田ひとみ

人物

オステローデ公国公主にして、ジスタートの七戦姫の一人。
ジスタート王家の傍系の貴族出身で、青みがかった長い黒髪の儚い雰囲気を持った女性。
年齢は22歳→23歳。

大鎌「エザンディス」を持ち、『虚影の幻姫(ツェルヴィーデ)』の異名を持つ。

17歳で戦姫に選ばれた当時のオステローデは7つの公国中、最も弱い国だったが、力も領地もない小貴族だった彼女にとってはかけがえのないものとなり、策謀を駆使して5年間で他の公国と比べても遜色ないほどに発展させている。

エザンディスで、ティグルが眠る寝室に移動し、様子を見る際に胸を触られる。声をこらえて、起きていたら極刑と言いつつ許す。

関連タグ

魔弾の王と戦姫

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァレンティナ=グリンカ=エステス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2378

コメント