ピクシブ百科事典

ティニオジェニイズ

てぃにおじぇにいず

ジュラ紀のヨーロッパ・アメリカに生息していたコリストデラ類。

概要

ジュラ紀後期のヨーロッパ・アメリカに生息していたコリストデラ類
学名は「くし状の顎」を意味する。
30センチ程度に成長したと考えられており、他のコリストデラ類と同じく水辺で生息していたと考えられている。
肉食で、水の近くや中にいる虫や魚などを捕食していたと推定されている。

化石はそこそこ多く見つかるが、近縁種に比べて特徴がないせいかトカゲに間違われ、コリストデラ類と気づかれないことも多い。

関連タグ

コリストデラ類

関連記事

親記事

コリストデラ類 こりすとでらるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ティニオジェニイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント