ピクシブ百科事典

デカラビア(メギド72)

でからびあ

メギド72に登場する追放メギドの一人。 魔術師のような大きな帽子が特徴的である。 「毒で弱体化させる、か。古典的な手だが意外と使えるな、ククク・・・」
目次[非表示]

概要

毒や覚醒ゲージを減少させるスキルを合わせ持つ、
覚醒ゲージを溜める事を阻害する事に特化した妨害型のスナイパー。

言葉で他人を操り、メギドラルを二分する騒動を起こしたメギド。
巧みな話術ゆえに彼の言葉には言霊が宿ると噂される。
ヴァイガルドをさらなる混乱に陥れることを期待され追放されたが、
逆にハルマゲドンに怯えるヴィータに助言して、その混乱を収めてしまう。
ヴィータという愚者も最後くらい矜持を持つべきという彼なりの美学による行動らしい。
(ゲーム内テキストより抜粋)

プロフィール

性別男性
転生日11月2日
好きなもの毒を持つ生物


人物

「災厄をもたらす者」「ヴァイガルド史上最悪の犯罪者」等と呼ばれており、ソロモンの仲間になるメギドの中でも極めて明確に「悪」と呼べる存在。醜い存在ほど滅び逝く時は美しく滅び、そのため最も醜い存在であるヴィータに滅びの種を蒔いていると自らは語っている。ソロモンに召喚された際は「無力なヴィータよ、お前を手伝ってやろう」と言い、素直に協力する姿勢を見せている。しかし悪行から足を洗った様子はない。



以下、イベント「フルカネリ、最後の計画」及び「デカラビア、最後の咆哮」、そしてデカラビアのストーリーのネタバレを含みます。



長らくメインストーリーやイベントストーリーで目立った行動を取らずにいたが、イベント「フルカネリ、最後の計画」でついに王都襲撃の計画を実行に移し、ソロモン王と敵対する。彼はラウムと同様に追放メギドでありながらアスル・ノヴァ血統を持っており、ソロモンの指輪を扱う事が可能で、ソロモンと同じようなイレズミ模様が腕に浮き出ている。

マキーネの軍団を率いるフルカネリ商会、そして自らの手駒とするべく召喚したベリアルグラシャラボラスを使って王都を襲撃。その目的はヴァイガルドからハルマを追い出し、ヴィータ達を一勢力として独立させる事であった。しかし最後はソロモン王達の機転で阻止され、世界が壊れるのではなく守られるのを見届ける事を「罰」とする形で再びソロモンの召喚を受けた。

ヴァイガルドの社会に限らず、今ある体制を破壊し変えていく事がメギドとしての「個」であると主張しており、実際追放前はハルマゲドン派とバビロン派を共倒れさせようと暗躍したが失敗に終わっている。後にアドラメレクに拾われ「ヴァイガルドの治安を乱れさせろ」と言われて追放刑を受け、ハルマゲドンの為ではなく己のために行動する事になる。

デカラビア転生日


そしてこの「個」を、ソロモンと別行動を取り、改めて見つめ直した事で、ソロモンではなく指輪を持ったフルカネリの下でリジェネレイトを果たした。キャラストーリーでは村のヴィータを皆殺しにしたり街を壊滅させた犯罪者と呼ばれているが、それらは全て濡れ衣であった事がリジェネレイト版のストーリーで発覚しており、街の住民を薬で洗脳した事も、結果として腐敗しきっていたヴェステン公国を救う事に繋がっており、その結果公国の民であったフルカネリに慕われる事になる。

ゲーム内での性能

毒付与、覚醒ゲージ減少や凍結、素早さ減少など、妨害型に特化したスナイパー。
希少な凍結付与効果のある覚醒スキルを持つため、凍結が効果的な「水樹ガオケレナ」等の相手とはとても相性がいい。植物特攻も持つためガオケレナ相手だと最適解とも言える能力を持つ。

リジェネレイト版ではネクロ使いのバーストとなる。ネクロ使いはカウンターが多く、バーストのネクロ使いは希少。
リーダーにする事でスキルを使ってすぐネクロ状態にする事ができ、敵を凍結状態にしたり攻撃力を大幅に上昇させるレイズギフトが強力。ソウルを消費すれば効果もより強力になる。
ラッシュ版同様毒を扱う事ができ、味方が戦闘不能になる度にスキルレベルが上昇し、最大レベルだと5ターン継続して毒状態にする事が可能。

関連タグ

メギド72 追放メギド
デカラビア

関連記事

親記事

追放メギド ついほうめぎど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デカラビア(メギド72)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 436565

コメント