ピクシブ百科事典

デビルマジンガー

でびるまじんがー

団龍彦の小説『スーパーロボット大戦』に登場した悪のマジンガー
目次[非表示]

概要

団龍彦の小説『スーパーロボット大戦』に登場した悪のマジンガー

以下、ネタバレ注意。


































兜十蔵が設計したマジンガーZのプロトタイプ。
パリアッチョ(あしゅら男爵)が製作し、保存していたDr.ヘルの脳髄を組み込んでいる。

武装

 Zのプロトタイプであるが、搭載された武装はZ、およびグレートと共通するものは少ない
 劇中で判明した武器・装備は下記の通り。なお、名称は全て仮名

マジンガークロー(主に用いていた武装。超合金Zですら簡単に引き裂く事が可能な爪)
マジンガーファング(マジンガーの顔、口部分の格子状パーツが下がり、その下に内蔵された牙のある口で噛みつく。七大将軍の首も簡単に噛み切れる)
マグマハリケーン(口から放つ火炎光線。格子パーツが下がって、直接口から吐く)
デビルブレストファイヤー(胸部パーツから放つ白熱光線)
デビルサンダーブレーク(手をかざして放つ強力な電撃。グレートと異なり、腕をかざすのみで放つ事が可能)
デビルスクランダーウイング(背中に内蔵された悪魔の翼。胴体の三倍ほどの大きさで、飛行能力を付与させる)

概要


 元は兜十蔵が設計はしたものの、あまりに凄まじいパワーにより自ら封印してしまったもの。

 当初は「人間の感情」をエネルギーにする想定だった。正義漢が強ければ強いほど強力になり、十蔵博士もそれを望んでいた。
 しかし現実には、怒りや恨みといった負の感情の方が強く搭乗者が少しでもその感情を有していたら、その力をフィードバックさせ、乗り手の負の心と機体とが干渉し、増幅し、肥大化して実体化する『悪魔のマシン』になってしまうのだ。
 それに気づいた十蔵博士により、全ての研究資料は破棄し、存在ごと封印された。
 しかし、一部だけ手元に残しておいたものが、十蔵の死後に行方不明になっていた(あしゅらはそれを発見し、製造したものと思われる)。
 
 ギャラハン=闇の帝王に対する兵器として、パリアッチョ=あしゅら男爵が密かに開発。あしゅらによりDrヘルの脳髄を搭載させられ、起動する。
 再生された暗黒大将軍、および七大将軍と戦うが、一方的に殲滅。
 さらにグレンダイザーに憑依した闇の帝王とも戦い、グレンダイザーと互角以上の戦いを繰り広げる。
 グレンダイザーから出て、本性である巨大な炎と化した闇の帝王自身に包み込まれるが、その際にエネルギーを吸収、ボディの各所も肥大化させパワーアップしてしまう。
 しかし同時に、あしゅらが搭載していたヘルのコントロール装置も破壊され、ヘルの自我が戻ってしまった。

 あしゅらに炎で致命傷を与え、現代に戻り、最終決戦を。
 グレンダイザーのボディも破壊し、ボディから出て来た闇の帝王自身の最後の攻撃も無力化。そのまま、炎である闇の帝王そのものをエネルギーとして吸収し、あっけなく消滅させてしまう。
(この時、宿敵のあまりにあっけない最後に、鉄也は呆然としてしまった)

 その直後。ヘルの自我とともに襲い掛かるデビルマジンガーに、Z、ダイアナン、グレートが挑むが、全く歯が立たなかった。Zは破壊され、ダイアナンも一蹴。グレートも腕をもぎ取られ、その腕で突き刺され、山肌に磔にしてしまう。
 さらに、ゲッタードラゴンの放ったシャインスパークすらも無力化、ゲッターGを行動不能に。

 最後に、Zを改造したゴッドマジンガー(スーパーロボット大戦(小説))と対決し、キャパ以上のエネルギーを吸収させられ爆発、ようやくその活動を停止させた。

関連記事

親記事

スーパーロボット大戦(小説) すーぱーろぼっとたいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デビルマジンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4900

コメント