ピクシブ百科事典

デュラクシールⅡ

でゅらくしーるつー

デュラクシールⅡとは、魔装機神シリーズに登場する超魔装機である。
目次[非表示]

概要

ムデカ・ラーベンスの依頼を受けたマルテナ社が改良したデュラクシール
機体色は紫に変更されており、量産を視野に入れた設計となり、デュラクシールで外されていた脱出装置も装備されている。しかし、デュラクシールを設計したセニア・グラニア・ビルセイアは本来の性能を引き出せていないことを見抜き「劣化機」と酷評している。
パイロットは、ムデカ以外にマーガレット・ウォンも務めている。
メカニックデザインはカトキハジメ

魔装機神Ⅱ以降の作品には登場しておらず、本機の開発に関わったマルテナ社もアンティラス隊の公社になった事で製造がされていない。また、同社から派生したパーゼミュート社でも量産されていない等、やや不遇な扱い。セニアが再設計したオリジナルが最終作の魔装機神Fにまで登場して活躍しているのもあり、その扱いの差は歴然としている。例え量産の案が出たとしても、開発者からの酷評がある分難しいだろうが、一説によると魔装機神Ⅲでプレイヤー達にトラウマを刻み込んだ超高性能量産機ニムバスの原型機であると言われている。

スペック

分類:超魔装機
全高:50.1m
本体重量:89.0t
全備重量:98.5t
動力:フルカネルリ永久機関
補助動力:対消滅機関・擬似プラーナ発生装置
エネルギー:魔力プラーナニュートリノ併用
装甲:オリハルコニウム
開発:マルテナ社
所属:南部シュテドニアス聨合

武装

超振動クロー
メガスマッシャー
ディスタントガンナー
タオーステイル

関連タグ

スーパーロボット大戦 魔装機神
魔装機 超魔装機
デュラクシール ニムバス

関連記事

親記事

デュラクシール でゅらくしーる

コメント