ピクシブ百科事典

デレ期

でれき

地層学の一分野における年代分類の一つ。
目次[非表示]

ツン期デレ期→ヨメ期

概要

地層に含まれるスナオ類の量、ショウジキ値などが、ツン期に対して爆発的に上昇した地点から、ショ類に分類されるコンイントドケ科の生物が検出されるヨメ期までの間の層。
またツン期、デレ期の二層について目視での見分けが付きにくいため、総括してツンデレ層(期)と呼ぶこともある。
近年の研究によってツン期からデレ期への移行が緩やかに行われたツンデレ地層が発見され、中間の部分を「ツンデレ期」と呼ぶ向きがあり、学会で制式に用いるべきか検討が繰り返されている。

デレ期に代表される生物

キャンディソフトニア・ツヨキシニド・ヒロイニウス
ワツキニア・アーマードアルケミス・トッキュヌウス・ツムラ
トリヤマニカ・ピラドレイコ・サイヤジヌウス・ベジータ

関連タグ

ツンデレ 民明書房

pixivに投稿された作品 pixivで「デレ期」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 676658

コメント