ピクシブ百科事典

ドメラーズ3世

どめらーずさんせい

ドメラーズ3世とは、宇宙戦艦ヤマトに登場する宇宙戦艦である。本項では、2199に登場したゼルグート級一等航宙戦艦についても解説する。尚、このタグはドメラーズⅢ世の表記ゆれでもある。
目次[非表示]

概要

旧作本編15話でドメル艦隊の旗艦として初登場。艦隊旗艦らしく、その大きさは他のガミラス艦を大きく上回っている。全長はヤマトの1.6倍と言われているが、明確な資料がなく、現時点で判明しているのは武装のみである。
尚、リメイクである宇宙戦艦ヤマト2199では、ゼルグート級一等航宙戦艦の3番艦として登場している。本項では、同型艦のゼルグート2世とデウスーラ1世についても解説する。

宇宙戦艦ヤマト

15話でドメル艦隊の旗艦として初登場。3000隻の艦を率いて第6区4次元演習場にて大演習を行っていたが、偶々演習宙域に現れたヤマトと遭遇、あと一歩の所まで追い詰めるが、取り逃がしてしまう。
20話ではヤマト討伐作戦のためドメルとゲール君がバラン星脱出のため、本艦に乗艦している。

宇宙戦艦ヤマト2199

大艦巨砲主義を好むゼーリック国家元帥主導の下、建造された超ド級戦艦。全長はヤマトの二倍以上あり、巨体に違わぬ火力を持つ。防御面でも優れており、正面装甲はヤマトの主砲であるショックカノンをいとも容易く弾いている。だがその反面、機動力は無に等しい。艦橋部分が分離して独立戦闘指揮艦(旧作におけるドメラーズ2世)となる。詳しい性能はドメラーズⅢ世を参照

同型艦

ゼルグート2世

一番艦にしてネームシップ。ゼーリック元帥の座乗艦。赤を基調としたカラーリングである。ゼーリックが観艦式に赴く際に乗艦している。

デウスーラ1世

2番艦にしてデスラー総統座乗艦。事実上のガミラス軍総旗艦ともいえる。青いカラーリングが特徴。総統暗殺を目論む何者かによって帰還部に細工が施されており、15話で爆沈した。

ドメラーズ3世

3番艦にしてドメル艦隊旗艦。最も出番が多い。灰色のカラーリングが特徴。初登場は11話。七色星団会戦に際して、物質転送機が艦橋に取り付けられている。艦長はヴェム・ハイデルン

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス ドメル ドメラーズⅢ世←ゼルグート級の詳しい内容。

コメント