ピクシブ百科事典

ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版

むりのないばいお

ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版とは、改造版ドラえもん のび太のBIOHAZARD EasyTypeをベースとして作られたドラえもん のび太のBIOHAZARD改造版の一つである。作者は125氏。

概要


通称、無理の無いバイオと呼ばれているのび太のBIOHAZARD改造版の一つである。
本家では黒幕だったドラえもんが味方として登場する作品の先駆けでもある。

シリーズは現在Ⅳまである。

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版
言わずもがな無駄に改造版の第1作目となる。登場する警官がかっこよく、シナリオ重視の作品。
大まかな話の流れは本家と変わらないが黒幕だったドラえもんを含め裏切るキャラがいなくなっている。

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版Ⅱ
ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版から5ヶ月後を描いたストーリー。無理のないバイオⅠでドラえもんと安雄が生存しているルートからの続編となっている。

舞台はR市という架空の街。のび太達はアンブレラの手がかりを掴むためにR市に潜入していたがバイオハザードの発生により脱出を余儀なくされるというシナリオである。

ちなみに改造版から登場するキャラはのび太と聖奈のみ。

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版Ⅲ-アウトブレイク
無理のないバイオⅡの続編ではなく無理のないバイオⅠからのIFシナリオとして作られた作品。
バイオハザードアウトブレイクをベースにシナリオが展開される。シナリオはアンブレラの手がかりを掴むためにR市に乗り込んだのび太達が再びバイオハザードにまきこまれ脱出を試みるというもの。

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版Ⅳ
現時点で無理の無いバイオシリーズの最新作にして物議を醸す作品。
ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版Ⅱから1年7ヶ月後を描いた作品のためアウトブレイクの続編ではない。

物語の最初はU.B.C.S.(アンブレラ非正規部隊)セイカーの視点から始まる。一方、のび太達はある目的の為に廃墟となった故郷、ススキヶ原に潜入しようとしていた。
操作キャラはのび太とセイカーの2人。U.B.C.S.の軍人描写が非常に強く描かれているためか、架空戦記色の強い作品となっている。強制進行のイベントが多く、自由度は少ない。

何故、この作品が物議を醸しているかというとⅣから登場するオリキャラの存在である。
無理のないバイオは各シリーズともオリジナルキャラが登場するのだが、あくまでサブキャラ的な立ち位置であったが今作ではオリジナルキャラによる版権キャラの蹂躙に始まり、これまでついてきた無理のないバイオファンに対する裏切りと言っても過言ではない結末を迎えてしまった。

コメント