ピクシブ百科事典

バーグラリードッグ

ばーぐらりーどっぐ

バーグラリードッグとは、『装甲騎兵ボトムズ』シリーズに登場するM級AT・スコープドッグのバリエーションの一種。
目次[非表示]

概要

赫奕たる異端』や『孤影再び』などのOVA作品にてキリコ・キュービィーが使用したスコープドッグのバリエーション機。形式番号はATM-09DD。バーグラリー(Burglary)とは英語で「夜盗」を意味する。

降下騎兵の強化版であり、脚部に荒地走破用のトランプル・リガー、ミッションパックに折り畳み式の長距離砲ドロッパーズ・フォールディングガンを装備している。右肩の7連ミサイルは『ザ・ラストレッドショルダー』に登場したターボカスタムと同じだが、右腰の3連ミサイル、左腰のガトリング砲は独自のもの。本体の形状は脚部を除き胸のダクトの形や左肩のスモークディスチャージャーなど『野望のルーツ』のレッドショルダーカスタムを基にしているようだ。

なお、作中の機体はキリコが通常のスコープドッグを現地で改修したものなので、正式採用の機体とは装備が異なる可能性もある。

赫奕たる異端

作中ではマーティアルの聖地アレギウムへと単機で突入し、迎撃に出た守備部隊を瞬く間に蹴散らしていった。その後、テイタニアの駆るオーデルバックラーと激戦を繰り広げるが、戦闘中にテイタニアの補助脳が強制発動され、その圧倒的戦闘力の前に大破した。

孤影再び

後年に発売された小説・OVA『孤影再び』にも引き続き登場し、キリコが搭乗した機体(武装はドロッパーズ・フォールディングガンが無い以外は『赫奕たる異端』に登場した物と同じ)と黒い稲妻旅団仕様機がある。

黒い稲妻旅団仕様機はボディが黒に塗られているだけでなく、「頭部のアンテナが展開してイナズマ模様のようになる」、「トランプル・リガーがローラー式からキャタピラ式に変更されている」などいくつか細かい相違点がある。また、ホバークラフトに乗って移動する為、トランプル・リガーを装備していない機体も見受けられる。

関連タグ

装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 孤影再び
スコープドッグ

pixivに投稿された作品 pixivで「バーグラリードッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14335

コメント