ピクシブ百科事典

パルパレーパ・プラジュナー

ぱるぱれーぱぷらじゅなー

パルパレーパ・プラジュナーはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガーFINAL』に登場するメカノイド。

CV:梁田清之

概要

ソール11遊星主の一人パルパレーパ操るパルパレーパ・プラスが、特殊装備ドーピングシリンダー(カーベータ)で自らにケミカルナノマシンを注ぎ込み形状変化した姿。

曲線的なボディラインが特徴だったプラスと比べるとかなり鋭角的な形態となっているのが特徴。
武器もプラスと同じくメス型ナイフおよびリュータードリルで、ゴッドアンドデビル用の鉗子型モジュールの形状も変化しており、その威力はさらに強化されている。

胸部から吐くポイズンオーラは結晶弾を乱射する「ポイズンソリッド」に変わり相手を直接攻撃できる他、背部のドーピングシリンダーをチューブ状に変化させて相手の体内に毒性のナノマシンを打ち込むという搦手も使える。

ジェネシックと互角に渡り合える戦闘能力を発揮できるもも、能力は弾丸Xと同様に爆発的に出力を向上させる短期決戦用メカノイドであり、制限時間を過ぎれば内包するラウドGストーンの機能すら失わせる諸刃の剣である。

関連タグ

勇者王ガオガイガーFINAL
パルパレーパ パルパレーパ・プラス ソール11遊星主

pixivに投稿された作品 pixivで「パルパレーパ・プラジュナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1384

コメント