ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

CV:井上喜久子(III)、寺依沙織(モバイル)

概要

ディハルト達と敵対するリグリア帝国四天王の紅一点に位置する女将軍。同時にリグリア帝国元帥「アルテミュラーの恋人でもある。四天王のうち家族構成が分かっており、ウリ二つの妹・アンナがいる。
また、アルテミュラーの父である先帝が亡くなる前に間近までの見舞が許されていた事を本人が語っており、親は先帝の寵臣で家族ぐるみで親交が有った、即ちアルテミュラーとは幼馴染でもある
物語開始時点の年齢はCV:井上喜久子に合わせた17歳。

シナリオ上では強力な敵として登場する一方で、第一シナリオから大流血に追い込まれた挙句浮遊城の墜落に巻き込まれかけてあわや戦死しかける(アルテミュラーが敗残兵追撃より彼女の救出を優先したのでディハルト達は逃げられたのだが)、アルテミュラーを暗殺させる為魔族に家族を人質にとられたり、それが解決したと思えば突然の味方の裏切りからアルテミュラーを庇って死んだり、それに怒り狂ったアルテミュラーが暴走した末に魔剣アルハザードの力で無理やり蘇生されたりと災難の多いキャラとして描かれている。
終盤の短い期間だが仲間に加入。
幸せになれるかどうかはプレイヤーの腕次第だが、正史のエンディングでは、
魔剣アルハザード封印後は仮初めの命は数年しかもたないため、アルテミュラーと2人で解決法を探す旅に出る。

そして長い旅の末に見つけた解決法が古代の魔導文明時代の産物「強襲型魔光剣」である。この剣の機能によってファーナは普通の人間の寿命を取り戻した。

数年後、リグリア帝国はヴェルゼリア残党の魔物の大群に苦められていたが、そこに現れたアルテミュラーとファーナはたった2人で瞬く間に魔物を一掃、こうして故郷に帰った2人は無事結ばれ末永く幸せに暮したという。

撤退数ありのエンディングでは、旅の中で解決法を見つけられず、数年後、維持できなくなった身体は塵となって跡形もなく消える。

正史ルートを辿らなかった場合、ボーゼルとして死ぬアルテミュラーに殉じて共に死亡。

『ラングリッサーV』では2人の1000年後の子孫である、リグリア地方を納める公爵家の嫡男が登場、様々な活躍をしている。

関連タグ

ラングリッサーⅢ
シグマ(ウェルナー) 1000年後の子孫

関連記事

親記事

ラングリッサーⅢ らんぐりっさーすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16348

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました