ピクシブ百科事典

フラワ1985形

ふらわせんきゅうひゃくはちじゅうごがた

本項では、北条鉄道で使用されていたフラワ1985形気動車について解説。譲渡後は別項目で解説する。

北条鉄道フラワ1985形

1985年、当時の国鉄北条線の第三セクター化に伴い、転換後の北条鉄道用の車両として富士重工業(現:SUBARU)にて3両が製造された。
車体長を12mとしたLE-Carの2軸車両。形式記号「フラワ」は沿線にある「兵庫県立フラワーセンター」から、形式名「1985」は登場時点での西暦から。

小形車体から来る収容力の問題と、バス用エンジン搭載による機器の老朽化が懸念され、フラワ2000形による代替が決定。2000年にフラワ1985-2号車、2001年にフラワ1985-3号車、2009年に最後まで残っていたフラワ1985-1号車がそれぞれ退役となっている。

廃車後はフラワ1985-3号車のみ保存され、それ以外の2両は紀州鉄道に譲渡されてキテツ1形となった。譲渡後の行方はキテツ1形を参照されたい。

関連タグ

北条鉄道 紀州鉄道 レールバス LE-Car 気動車

関連記事

親記事

北条鉄道 ほうじょうてつどう

コメント