ピクシブ百科事典

プリニーラハール

ぷりにーらはーる

初代「魔界戦記ディスガイア」ノーマルエンディング及びアニメ「魔界戦記ディスガイア」・ディスガイアの派生タイトル「プリニーシリーズ」などに登場するラハールと同じ触角の生えたプリニーのこと
目次[非表示]

概要

魔界戦記ディスガイア(アニメ)及び初代魔界戦記ディスガイアのノーマルエンディング(味方を一人以上味方で倒してしまい、他の条件を満たしていない場合に発生するエンディング)で、フロンの代わりに自らの命を差し出して誕生したラハールプリニー体。
かつて自身の母親が難病のラハールを救った時と同様、ラハールもまたフロンを救うために差し出すその姿は、ラハールの成長とも言える。
通常のプリニーと違い、ラハールお馴染の2本の触角と鋭い眼光が特徴。
なお、このラハールプリニーはエトナの家来として配属された模様

ノーマルエンディング後の世界である「プリニーシリーズ」では登場するが、それ以外の作品では登場していない。



プリニーシリーズでの活躍※ネタバレ注意




















プリニー1

転生するために働いている(フリをしてサボっている)傍ら、練武の塔で修行をしており、かつての強敵を倒した実力は健在。

生前の技は遺憾なく発揮し(ただしメテオインパクトだけは違う物体を落としている)、さらにプリニーの身軽さを活かして中々捕捉できない強敵。
しかし、トレードマークのマフラーをしているとは言え、魔神の加護がないため、「投げるな危険」である。

ちなみに魔王城に戻ってきたのは(プリニー1の開始時点で)つい先日らしく、しかも上記の態度通りのためプリニー達からは舐められている模様。
また、かつての家来にはいいようにこき使われ、フロンは早く転生できる方法を探しているようだ。

プリニー2

別荘をインバイトし、その上で最初の珍品集めをポテチ、ゲーム機、怪しい触手と集めて怪盗魔人の餌とすると、彼が引っかかる。
相変わらずプリニー達からは舐められているが、撃破するとスイーツと引き換えに1ステージ限定でプレイアブルキャラとなる。
その性能は圧倒的。

余談だが、ラハールが死んでプリニーになったことは魔法の管理人にも知られており、「人間の血入ってたっけ?」と、ある種の核心を突いた台詞が聞ける。

関連タグ

魔界戦記ディスガイア プリニー
ラハール エトナ フロン 転生

アサギ・・・・・・プリニーシリーズでの声優(水橋かおり氏)と、死んでプリニーになる点や条件を満たすと本編でもプレイアブルキャラになるなど、共通点がある

pixivに投稿された作品 pixivで「プリニーラハール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3271

コメント