ピクシブ百科事典

ベルゼーヴァ

べるぜーばぁ

RPG『ジルオール』の登場人物。あまりに個性的な髪形は作中でもユーザー内でもネタにされている。
目次[非表示]

概要

CV:谷山紀章(ドラマCD)
フルネームは「ベルゼーヴァ・ベルライン」。
ネメアとは親友関係であり、若干24歳にしてディンガル帝国の宰相で政権を統括している。
現在のエリュマルク帝には、ネメアが去った時点ですでに見切りをつけており、密かにネメアを皇帝として受け入れる準備をする。
没落貴族の出で、順位は低いものの帝位継承権を持つ。彼の出生には、古代の魔導士シャロームが深く関わっている。
ザギヴら四将軍の能力を認める一方で「所詮は凡人」と発言したり、自分を基準にして部下にも過多な仕事量を要求するなど、有能な一方で配慮に欠ける人物でもある。
人類の革新という命題に邁進しており、ネメアこそがそれに相応しいとして心酔している。
また、主人公にも人類を導きうる素質を見出し、力を貸すようになる。

沈着冷静な物腰と個性的な髪型が特徴。
そのあまりに個性的な髪形は作中でもカルラから「ドリル頭」と言われていたり、部下からも不審に思われている。ジルオールファンからはよく「たまねぎ」と呼ばれている。
ちなみに、魔力で立っているらしい。

戦闘スタイルは二刀流で、魔法の造詣も深い。
インフィニット(PS2版)以降では仲間になる。
また、プラス(PSP版)では主人公の「闇に閉ざされた塔」スタートの場合のキーパーソンとなり、エンディングも同地点のスタートでなければ到達出来なくなっている。
また、進行によってはシャロームに体を乗っ取られ、戦闘することになってしまうこともある。

プロフィール

年齢24歳
誕生日8月26日
身長179cm
異名・地位ディンガル宰相 → 超人類


人間関係(ネタバレ)

ネメア:仕える。親友であり異常なほど彼を慕う。
アンギルダンカルラザギヴ:部下
エスト:高く評価している考古学者。

ウリア・バシテバ:肉体的な父・母。ディンガル一族だが没落貴族で、金と地位欲しさにシャロームに体を貸したことで、ベルゼーヴァを産んで死亡した。
シャローム:魂の父親。超人類を生み出す野望を持つ。進行によっては彼に肉体を乗っ取られる。
ゾフォル:育ての父親。
バロル:義理の父親。

関連イラスト

はみだし宰相
ベルゼーヴァ


関連タグ

ジルオール

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルゼーヴァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5196

コメント