ピクシブ百科事典

ベルモント

べるもんと

ベルモントとは、アクワイアのゲーム、ロード・トゥ・ドラゴンに登場するキャラクターの1人。
目次[非表示]

これが唯一の真実だ

概要

ベルモントとは、アクワイアのゲーム、ロード・トゥ・ドラゴンに登場するキャラクターの1人。

水属性の弓ユニット。
深い青緑色の服と帽子、そしてスチームパンクのような装飾が特徴的。
進化するとモノクルのような物を身につける。

とても頭が良く、様々な事件を秒速で解決することができる。

ベルモントのストーリーには様々なキャラクターが関わるが、全て現代(虹の時代)のキャラクターであるため、ベルモントは虹の時代のユニットと考えられる。

ハルルのストーリーでは、偏屈極まりない探偵と表され、しかも彼が住まう下宿の、下宿人募集のチラシから、
・楽器の演奏が聴くに耐えないレベル。
・下宿に変な生き物を連れ込む。
・下宿部屋で火薬を用いて発砲する。
・他の下宿人にあまり良く思われていない。
ことがわかる。特に下宿の管理人であるハルルからは相当気に入られていないと思われる。

ユニット名[探偵王]ベルモント
No.511
武器
属性
レアリティ☆☆☆☆☆
パーティスキルオーバー・ブーストI
ライフが最大ライフの10%以下の時に限り、パネル操作でソウルが消費されない
アクティブスキルアクア・エンハンスI
現戦闘中、水属性ユニットの攻撃力が上昇(重ねがけ無効)


ユニット名[偽真王]ベルモント
No.512
武器
属性
レアリティ☆☆☆☆☆☆
パーティスキルオーバー・ブーストIII
ライフが最大ライフの20%以下の時に限り、パネル操作でソウルが消費されない
アクティブスキルアクア・エンハンスIII
現戦闘中、水属性ユニットの攻撃力が凄く上昇(重ねがけ無効)


カットイン

[探偵王]ベルモント

  • 祖母の誇りにかけて
  • 真実は既に見えた
  • 解決……だな


[偽真王]ベルモント
  • 善と悪とを推し量れ
  • これが唯一の真実だ
  • 真実が一つとは限らない

ストーリー

[探偵王]ベルモント
ベルモントは、すこぶる極めて頭が良い。彼の元には事あるごとに事件の調査依頼が舞い込み、彼はその都度その知能をもってして、数々の難事件を解決してきた。
王妃マリアンヌ誘拐事件、黒霧城殺人事件、ガリムア男爵毒殺事件。あらゆる全ての事件にて、必ず犯人を突き止めてきた彼であったが、しかし必ずしもそれが「真なる真実」であるとは限らなかった。


[偽真王]ベルモント
ベルモントの元に事件のあらましが伝えられると、彼はおおよそ二秒ほどでその事件の真相に辿り着く。
そして彼は組み替えてしまう。塵一つもの矛盾も無く、真実は、彼の思い描く「幸福な真実」へとすり替えられる。優しき犯人は犯人で無くなり、許されざる傍観者が犯人となる。人の定めた法だけで、善と悪とを量る術にはなり得ない。
そしてその信念は、彼が偽る最後の事件「老竜王殺害事件」にて、幕を下ろす。


アクセサリー


[探偵王]ベルモント

真実の手帳過去に起こった事のみが記載される手帳。
ライフ&攻撃力400UP。


[偽真王]ベルモント
真実の手帳+「未来」は常に白紙のままに。
ライフ&攻撃力600UP。


ゲーム中では

PSがとても強力で、高難易度のソウル縛りなどでとても活躍する。
ききょうは同じスキルを持っているがこちらは火属性の杖ユニット。
無理やりHPを1にする、ドラコ、イデア(現在入手不可)、聖王アーサーと相性がいい。
また、異種消しに関わるスキルを持つユニットともとても相性がいい。
ストーリーでもよく関わるワトソンも同時に起用されることが多い。

その他

髪の毛は帽子で隠れているが、ラフ画集(現在入手不可)で見ることができる。
またその際に、進化後にモノクルを装着する理由と思われる描写がある。

ワトソンのストーリーで、ベルモントの部屋に二発の銃弾が打ち込まれ、ワトソンがベルモントの元へ向かうと銃を向けられても澄ました顔で手を上げていたとあるが、
これが、ベルモントが部屋に自分で銃を打ち込んだのか、第三者により打ち込まれたのか、
そして、銃を向けているのは、銃の音に苛立ったワトソンであるか、それとも二発の銃を打ち込んだ人物であるか定かではない。

関連項目

ロードラ 探偵 スチームパンク

下宿人一覧
ハルル:管理人
ディオーネ:元踊り子
フラウ:大荷物の少女
ワトソン:自称天才発明家

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルモント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5359

コメント