ピクシブ百科事典

概要

ローマ神話に登場する女神の一柱。
その名は“良き女神”という意味で、予言の女神ファウナと同一視される事もある豊穣と治癒、そして処女を司る女神である。

神話によれば、ボナ・デアの父であるファウヌスは娘である彼女を犯そうと目論み、葡萄酒を飲まして泥酔させようとしたり、天人花の枝で鞭打ったりし等々の様々な仕打ちを行い、最終的にはに変身し、遂に娘を手籠めにしたとされる。

また別の伝承ではファウヌスの妻であり、家事に長け貞操も固かったが、ある日酔った所を夫に咎められ、天人花の枝で打たれて死んでしまったとされており、その為ボナ・デアの祭祀の際や彼女を祀った神殿にブドウ酒と天人花を供物として捧げたり持ち込むことは固く禁じられていたが、別名を使えば問題なく供物として捧げて基とされていたといわれている。

なおボナ・デアは女性たちに崇拝されていたが、詳しい詳細については不明であったらしい。

関連タグ

ファウナ ローマ神話

関連記事

親記事

ローマ神話 ろーましんわ

兄弟記事

コメント