2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

彼はベテラン銀行強盗であり、長年の犯罪経験がなければ得られない知識に関してはエキスパートだ。
現在は引退し、公式ではない証人保護のもとで快適に暮らしているが、問題がないわけではない。
妻は浪費を止められず、甘やかされて育った2人の子供はまったく理解できない。
成功を経験し、欲しい物も手に入れたマイケルだが、彼はそれでも惨めな男だった。

「人は1日に多くのことを忘れるものだ。このことも忘れるんだな」
CV ネッド・ルーク

概要

ロックスター・ゲームズ製作のオープンワールドアクションゲーム『グランド・セフト・オートV』の主人公の一人。

1968年生まれ、古き良きバインウッド映画を愛する中年男。
富裕層の多い地区に豪邸を構えながらも、妻や子供との関係に頭を悩ませつつ日々を過ごしているという、一見どこにでも居そうな冴えないおっさんだが、その正体は、かつて全米最重要指名手配犯と呼ばれた強盗犯「マイケル・タウンリー」。
砂漠と悪夢のようなシリアルキラーどもと警官の汚職しかないような町カーサーシティ出身。

高校時代はアメフトのクォーターバックで、州代表に選ばれたこともあり、現在でもスポーツマンを自負している(その割に初期のフィジカル面が低いが)。
強盗の他、殺人はもちろん麻薬売買などの犯罪行為に若いころから手を染めていた、生粋のアウトローである。彼を擁護しておくと、そうしないとそんな町で生き残れなかったから。
トレバーとはその頃は良き隣人であったらしく、当時はアマンダも良き妻、とびっきりの良い女、息子のジミーはスポーツ少年、長女トレイシーは普通の可愛い家庭的な美少女だったという。時として厳しい環境も人には必要と言う良い見本みたいな家族である。

彼はいわば「GTAシリーズの主人公がエンディングを迎えた後の姿」である。追い詰められた環境から裏社会で活躍を重ねて頂点へのし上がっていくという主人公が多い中、そういった過程を既に終えて成功を収め、家庭さえ築いている彼の経歴は、GTAシリーズでは異色である。

悪党」という言葉が良く似合う狡猾な性格。見るからにやばい「狂犬」であるトレバーと並ぶとその影に隠れがちだが、危険性で言えばマイケルもそう変わらない。
見た目や振る舞いは小金持ちのおっさんで、家庭のことで頭を悩ませる、よくいる中年男といった調子だが、現在も一皮向けば危険人物のままである。

引退して以降は真っ当になろうと努力していたようだが、いったん頭に血が上ると恐ろしい手段に打って出る。娘のトレイシーやジミーから言わせれば、そんな父親が最も嫌いとの事。
おそらく昔の町の事は忘れたい過去であるのだろうと考えられる。
こと犯罪行為やそれに関する危険については非常に経験豊富であり、強盗など複数人で何かを行うときには司令塔となることが多い。ただしトレバーに言わせれば「目立ちたがり」らしい。

家族に対する愛情は本物であり、どうしようもない家族にうんざりしながらも何とか向き合おうと苦悩している。しかし子供達に対しては認めない頑固な父親としての側面を持つ。
引退した後の彼がブチ切れて暴走するのは、大抵は家族の誰かに危険が及んだときである。
物語終盤で子供が大学進学を決意したときには「俺みたいなのがこんなに幸せでいいのか」と本気で喜んだりしている(この台詞が聞けるルートではその後悲惨な結末を迎えるが)。
また、映画愛も同じく純粋なものであり、映画絡みのこととなると面倒ごとであっても損得勘定抜きで動くことが多い。最終的には映画プロデューサーとして成功する夢をかなえてしまう。

家族以外の者を心から信用している様子はなく、かつての強盗仲間や、ストーリー分岐によっては和解したはずのトレバーをも裏切って排除する卑劣な面を持つ。
(皮肉な事に子供達はトレバーを非常に慕い互いに信頼している)

少し卑怯な所があり、重要な事をはぐらかしたり、詳しく説明したりするのを避ける癖がある
そのせいで家族全員とすれ違ったり、トレバーが変な勘違いをして大暴走をする事が多い。
また、そのトレバーが不信感を募らせる原因にもなっている。

長く強盗稼業を営んでいたため、初期ステータスでの射撃スキルは3人の中では一番。
特殊スキルを発動すると、時間の流れが緩やかになり射撃の精度がアップする。

反面、長らく一線から退いていたためか、フィジカル面のステータスは低い。
特に自堕落な生活が影響して体力が極めて低く、真正面から撃ち合うとすぐに死んでしまう。
ストーリーの関係上撃ち合いに発生する事が多いので、家の近くのテニスクラブで早めに鍛えよう。

過去

物語の9年前、ノース・ヤンクトン州ルーデンドルフの銀行を、当時の仲間だったブラッド、トレバーと共に襲ったが、警察の待ち伏せによりあえなく射殺され、ブラッドも逮捕。
唯一トレバーだけが逃げ延び、彼の強盗団は壊滅した。
……はずだったのだが、実はこの死は偽装で、連邦捜査局の捜査員とマイケルの法的取引による、非公式の証人保護プログラムの一環であった。
彼は過去の罪を清算して大金と新しい身分を手に入れ、ロスサントスの高級住宅街ロックフォードヒルズの豪邸で家族と共に優雅な生活を送るようになった。

しかし、苦労を重ねてして手にした生活は、優雅とはいえ決して良いものではなかった。
妻は夫の過去の不倫の腹癒せに浪費と不倫とヒステリー以外のことを全くせず、
娘は日々有名人になることを夢見てふらふらしており、
息子に至ってはハッパ中毒の引きこもり、することと言えばオンゲーの対戦相手に罵倒を浴びせるぐらい、
と、家族のどれもこれもが駄目だこいつ…早く何とかしないと…状態で、
しかもそんなダメ家族の全員からマイケルは舐められ軽んじられ避けられる毎日だった。

だがある日、そんな生活にまたも転機が訪れる。
説明するのもしょうもないトラブルに見舞われ、その解決のためについついアウトローな面を発揮してしまったマイケルは、メキシコ人ギャングのマーティン・マドラッゾから多額の借金を背負ってしまった。
その返済のためにとうとう強盗を再開し、知り合ったばかりのフランクリンを巻き込んで宝石店を襲撃。
そうして見事に借金を返済したマイケルだったが、この大成功が、「マイケルは死んだ」と思っていたかっての強盗仲間、トレバーに自身の生存を知らしめることとなる。

こうして彼は再び裏仕事に手を染めるようになっていく。

家族

  • アマンダ
    • 元ストリップ嬢の妻。マイケルの金を浪費する一方、汚い仕事に手を出していた彼への嫌悪を隠そうともせず、テニスやヨガなどの趣味のトレーナーを家に連れ込んでは不倫を働く。マイケルとは会話するたびにヒステリックな口論になる。
    • トレバーいわく彼女と付き合いだしてからマイケルは変わったらしく、おそらくは子供が出来たのを機に本格的に引退を決意したと思われる。
    • そもそもの原因はマイケルの不倫への当て付けで始めた事である。不倫はすれどもマイケルともベッドを共にするし、夫にデートに誘われれば必ず応じる。なお自分が夫や子供への不満を言うのは別として、他人がそれを言うのは絶対に我慢がならない妻としての人間味溢れる一面もある。
    • 若いころの彼女の写真が家の中に飾られているが、当時は本当に美人である。
    • 子供達とは違い、トレバーの事を嫌悪はしているものの、昔馴染みのため恐れてはいない事が解るものの、縁を切りたがっている。トレバー自身は彼女に対しての嫌悪感は表面的にはあるものの、子供達の母親としての面からそういう態度を取る彼女もキチンと理解を示している。ちなみにトレバーはマイケルを殺したエンディングだとアマンダへの同情とフランクリンへの殺意を隠そうともしない。
    トレイシー
    • 長女。母に似て自己顕示欲の塊であり、有名になるために自分を安売りするという娘。マイケルの事は娘としての立場からは嫌いだが内心愛してもおり、認められたいとも思っている。有名になりたいのも父親に認めて貰いたいから。一応、彼女なりに将来の事を考えて父親に内緒で勉強もしている。
    • ヤク中毒の芸能プロデューサーへの枕営業を目論んだり、それしか手段を知らないためストリップまがいのダンスでオーディション番組に出演したりと、有名になって父親に認めてもらうためなら手段を選ばない。彼女の場合は親に何としてでも認めてもらいたいから、という欲求の方が強いため。
    • スタイルは悪くなく、顔は美人でもなくブスでもなく、という、いかにも安いポルノに出てそうな絶妙な造形がなされている。
    • こうなる以前は母親似の家庭的な美人だった。今より数段美人と言っても過言ではなく、ロスサントスに来て悪い連中と付き合いだしてから、こうなったらしく間違った観念を植え付けられたようだ。
    • トレバーとも弟ジミーと共に昔から付き合いがあり、仲良しで昔馴染みのおじさんと言う事で現在のマイケルよりも仲が良いほど。トレバーは言動を良く聞けば解かるが彼女が親に認めてもらいたい、と言う内心もきちんと理解を示しているため。
    ジミー
    • 長男。部屋に閉じこもってオンラインゲームとドラッグに漬かりまくっている20歳のヒキニート。
    • 以前は野球少年であり、今とは体形も顔もスポーツ少年らしく凛々しかった。今の服装は当時の自分を踏襲したもの。
    • 父のヨットを勝手に売るわ高価なSUVをローンで買うわ、そのくせ就職活動すらしたことがないというハイレベルなクズニート。自転車に乗ってもマイケルが足で走るのと同じぐらいのスピードしか出せないほどの運動不足。おまけにいい歳して中二病まで発症している(ジミーなのに「ジズル」と呼ばせようとする)など、GTAシリーズでもトップレベルのダメ人間である。(一応外に出ないのは敏感肌のせいらしい)
    • 彼がフランクリンの取り立てのターゲットになったのが、マイケルと彼が知り合うきっかけとなった。
    • しかし、関係がこじれきっている父と何とか向き合おうと(向き合ってもらおうと)自分なりに何かと努力している部分が多く、父譲りなのか、時折妙な行動力を発揮する逞しい(?)一面もある。姉と同じく父親に何とか認めてもらおうとする行動は実は一緒。彼の場合は姉とは違い、進学は考えていない様子が解かる。
    • 姉と同じくトレバーの事を昔馴染みのおじさんと言う事で、とても慕っている。ある意味、父親より慕っている一面も見受けられる。

関連イラスト

マイケルとデイブ
GTA5



関連タグ

グランド・セフト・オートV GTA5 フランクリン・クリントン トレバー・フィリップス

関連記事

親記事

GTA5 ぐらんどせふとおーとふぁいぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マイケル・デサンタ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マイケル・デサンタ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55498

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました