ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「なあ、あんたらを見てると中年になるのが怖くなるぜ。」

CV:ショーン・フォンテノ

概要

グランド・セフト・オートⅤ」の主人公の一人。3人の主人公の中で最初に操作可能になる。

サウス・ロスサントス出身の黒人青年で、1988年生まれの25歳(劇中当時)。
しがないギャングに所属しながら詐欺まがいの取立てで日々食いつなぐ貧しい暮らしをしており、いつか成功して街を出ることを目標にしている。

本作の主人公の中では唯一の若者で、貧しい環境からの一発逆転を狙う、非常にGTAシリーズの主人公らしいキャラクター。『GTASA』の主人公のCJと非常に似た境遇にある。
強盗としてのキャリアが長いマイケルやトレバーと協力することでアウトローとして成長していく、といったような立ち位置にあり、特にマイケルとは半ば師弟関係に近い状態にもなる。

暴力を行使することに大きな抵抗は持っていないが、かなり常識的な性格。特に他2人の主人公と比べるとそれは顕著であり、何かと衝突したり恐ろしい行動をとったりしやすい彼らの緩衝材になることもある。精神面で歳相応に脆い一面がありラマーやタニーシャらに頼っている一面もある。
しかし、人殺しを「最低でゲスな行為」と認めつつもそれらをなお「クズの頭を撃ち抜くのも、イカれたクソ野郎をぶっ殺すのも楽しめる」と自覚していたり、バリーなどが提供する大麻(=マイケルやトレバーにエイリアンの幻覚を見せてしまった代物)ではトリップしないほど大麻を吸い慣れていたり、詳細は不明だが公然わいせつの前科があったりと、根本的にはやはりアウトローである。
字幕では「目立つから」としか言わない為よく分からないが、原因は「sagging」。要するにパンツ丸出しスタイルでズボンを履いたら捕まったとの事。
(アメリカの一部地域では、腰下ズボンが違法である。理由は色々。黒人ギャングが好んでこの格好をする為、そういった青年達をsaggingを理由にしょっぴく事が多い。ちなみに、日本での腰パンとはレベルが違い、半ケツどころか全ケツの勢いでずり下げるのがsaggingである。)

常識的な一方で助兵衛な一面があり、とある女性と会話すると尻ばかり眺めていたり、セクシーな女性とすれ違うと露骨に興奮したり、彼にスイッチするとストリップクラブに入り浸ってダンサーに齧り付いていたりする。
(元?)彼女とのデートでストリップクラブを選んだ事があるという強者である。
また、割りと純愛を信じるタイプで、その(元?)彼女である『タニーシャ・ジャクソン』とは別れているのに、未練がましく復縁を打診したり、凄い長文のメールを送りつけたりしている。
その割にパインウッドの豪邸に引っ越すと白人女性を自宅に連れ込んだりもしている。

幼馴染で悪友のラマー、(元?)彼女のタニーシャ、ムショ帰りのストレッチ、うざったい友人のトーニャやその他所属ギャング仲間と交友関係は広め。

車両の運転能力が高く、特殊スキルも運転時に時間の流れが緩やかになりステアリング性能が上昇する効果がある。
若いからか体力なども他の主人公達と比べると高めだが、経験が浅いため射撃能力は低い。
本人曰く『ドンパチやるのは古臭い』とのこと。

射撃練習場で全項目メダル獲得を目安にずっと入り浸っていればすぐに上がる。
フランクリンが射撃を任される場面が多いので、なるべく早めに上げた方が吉。

略歴

父親は蒸発、母親をコカイン中毒で亡くし、母の家の半分を間借りするずうずうしい叔母のデニースと共に、サウス・ロスサントスの貧民街で暮らしていた。

高級カーディーラーのシミオンの下で、リポマン(代金の支払を滞納する客から品物を取り返す取り立て屋)を務めていたが、実際にはエリートの若者を罠にハメて金だけを回収する詐欺まがいの稼業であり、貧民街に住んで見返りの少ない汚れ仕事で生計を立てる現状にうんざりしていた。
しかしいつかチャンスを掴んで街を出るためと自分に言い聞かせながら、渋々仕事に取り組んでいた。

本編

しかしある日彼は、よりにもよってマイケルの息子を標的にしてしまう。彼の怒りを買ったフランクリンだったが、その才能を見込まれ、何故か彼に協力することになる。
そして、マイケルがあるトラブルから、メキシカンマフィアと対立してしまったことをきっかけに、彼もまた大きな転機を迎える。
マフィアへの借金返済のために、マイケルは強盗稼業に復帰することを決意。
一発逆転のチャンスを貰ったフランクリンもそれに協力することになっていくのだった。

数年後

「よう、調子はどうだ?フランクリン・クリントン、経営者だ」

その数年後、エンディング後の資金を元手に会社経営者となる。
上述した元彼女『タニーシャ・ジャクソン』と無事よりを戻し結婚して良き家庭人、もとい良き夫としても頑張っている。余談ながら彼女の祖先はRDR2の登場人物『ティリー・ジャクソン
昔の面影をわずかに残しつつ、一部のプレーヤー諸氏から散々似合わないであろうとこき降ろされたスーツを見事に着こなし昔よりさらに筋肉を付け、いかついヒゲを生やして良い意味でのイメチェンを果たす。その姿は『GTASA』の主人公のCJそっくりである。

余談

「くれぐれもお前達に言っておくぞ、ゲームと現実は別だからな!それとフランクリンもスーツは似合うんだぞ、今収録中だからお楽しみにな!」(下記の事件後にインタビュー等で)

彼の立ち位置は『GTASA』の主人公のCJのもう1つのあり得たであろう姿である。
(ちなみにCJの声優のヤング・メイレイとフランクリンの声優は互いに従兄弟である)
フランクリンとCJそのものが非常に人気があるためプレイヤー自身の分身と誤解するプレイヤーも多い。
(実際、本国アメリカでのCJの影響は大きく彼のファッションやスタイルを真似た黒人層の若者は大多数に登り「自分こそが真のCJだ」とニュースで発言した者もいたほど。5発売当時はアメリカでの彼自身の人気はそこまででは無かったものの下記のレイプ事件が発生した)

オンラインでの彼の立ち位置から見るに、あくまでもフランクリンはフランクリン、プレイヤーの分身はあくまでオンラインキャラクターと言う事が証明されたと言えよう。

関連タグ

グランド・セフト・オートⅤ GTA5
マイケル・デサンタ トレバー・フィリップス

カール・ジョンソン

関連記事

親記事

GTA5 ぐらんどせふとおーとふぁいぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フランクリン・クリントン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「フランクリン・クリントン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58570

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました