ピクシブ百科事典

マウソニア・ラボカティ

まうそにあらぼかてぃ

マウソニア・ラボカティとは、マウソニア属の最大種にして歴史上最大のシーラカンス。

概要

白亜紀に生息していた歴史上最大のシーラカンス。
最大4メートルという、ピラルクどころかメコンオオナマズすらびっくりのサイズに成長したと言われており、その大きな口と強い顎から分かる通り肉食性である。
例えるならのようなイメージであり、マウソニア・ラボカティに狙われる獲物にとって相当恐ろしい存在だっただろう。



関連タグ

シーラカンス
マウソニア
捕食者
巨大魚
古生物

関連記事

親記事

マウソニア まうそにあ

コメント