ピクシブ百科事典

マウソニア

まうそにあ

中生代白亜紀後期に棲息していた巨大なシーラカンスの一種。世界最大の化石シーラカンスとされている。

概要

1963年アフリカモロッコ白亜紀前期の地層から発掘された巨大なシーラカンスの一種である。

マウソニアは南米とアフリカから5種が知られているが、アフリカのモロッコの「マウソニア・ラボカティ」は頭骨だけでも140㎝と大きく、全長で4mと考えられる巨大シーラカンスである。現生種のラチメリアでは170㎝、重量80kgが最大であるが、それを遥かに凌ぐ大きさである。シーラカンス類は約4億年前のデボン紀などの淡水に出現し、その頃はラブドデルマのような小型の物であったが、中生代に入るとに進出し大型化が進んだようである。

関連タグ

古代魚 シーラカンス 白亜紀

pixivに投稿された作品 pixivで「マウソニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15

コメント