ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

世界で最も有名な長方形の地図。1659年にベルギー人のメルカトルが発案したことから、その名前がつけられた。方位と角度が正確なことから海図として、船乗りたちに重宝された。


今はむしろ、見やすいという理由でいろいろな地図に採用されているが、面積が正確ではない(ひずみが発生する)という大きな問題を持っている。


メルカトル図法による錯覚編集

前述したように、面積は正確ではない(そのためにモルワイデ図法、グード図法など他の図法が色々と編み出された)。球体を四角形に引き伸ばしたら、当然面積の歪は発生する(ミカンの皮を想像してもらったらいいだろう)。そして緯度は赤道近くほど小さくなり、極地方ほど大きくなる。また経度も中心から遠くなればなるほど、大きく見えるという錯覚が起きる。


それで日本人にとってはグリーンランドが妙に大きな島として印象に残っているのである。また、アフリカ大陸も経度の関係で巨大に見えている。対するオーストラリア大陸も実際は非常に大きな大陸なのだが、メルカトル図法によって相対的に小さく見えている。だが実際はアメリカ合衆国の大陸部分(アラスカ、ハワイを除いた面積)とオーストラリア大陸の面積はほぼ同じぐらいである。また、大西洋も地図の両端に分断されてしまっているため、実際の広さが分かりづらくなっている。


一方、アメリカ合衆国やヨーロッパ諸国などの世界地図は中心にロンドンが来ている。したがってアジア(中露)が妙に大きな国に見えたり、また日本が極東の島国に見えたりしているのもそのせいである。


Googleが採用編集

前述したように中心部の面積は比較的正確でひずみが少ない。なので、GoogleマップやGoogle Earthはこのメルカトル図法を採用した(場所を移動しても、すぐに再計算している)ことで、改めてこのメルカトル図法の便利さが見直されている。


関連タグ編集

世界地図 航海 錯覚

関連記事

親記事

世界地図 せかいちず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2663

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました