ピクシブ百科事典

メルク(トリコ)

めるく

メルクとは、週刊少年漫画『トリコ』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

世界最高の研ぎ師。メルクマウンテンに篭り、最高級の包丁を作り続けている。本項では初代と二代目両方を説明する。

初代メルク

メルク



CV:中博史

髪と髭が伸びきった全身傷だらけの半裸の大男。 その厳つい風貌から「鬼のメルク」と呼ばれているが、実際は気さくな性格。本来はお喋りだが、非常に声が小さいため世間からは寡黙だと思われている。トリコがヘビーホールで会った時は、「ガンセキコンドル」の声帯から採取出来る、周囲の音を何倍にも反響させる特殊な鉱石「拡音石」を使い、やっと周囲に聞き取れるようになっていた(しかし本人は自分の声が小さすぎるという自覚は無く、トリコに指摘されてようやく気づいた)。
一龍からアカシアのフルコースのサラダ「エア」を捌く包丁の製作を依頼され、その時に事実上の引退を決意し(数年がかりの大仕事になるため)、二代目メルクにそのことを伝え二代目を彼女に託したが、声の小ささが災いして伝わらず、結果として二代目の自信を喪失させることとなった。
現在はヘビーホール内でエアを捌く包丁を作っており、仕事の邪魔が入らないよう蠍魔牛を手懐け、見張りをさせてもらっている。
後にグルメ界のビオトープ「第0ビオトープ」の職員であることが判明した。

プロフィール

年齢:72→76歳
血液型:AB型
身長:270cm
体重:380kg
誕生日:11月16日
星座:さそり座
視力:2.0
足のサイズ:60cm
好きなもの:会話
嫌いなもの:沈黙
好きな言葉:刃は心の鏡

二代目メルク

二代目メルクさん



CV:矢島晶子

初代メルクの唯一の弟子。一見すると男性に見えるが、実は女性。一人称は「オレ」。
赤ん坊の頃、山奥に捨てられていた所を初代メルクに拾われ育てられた。「ヴァンパイアコング」の「ポチコ」を飼っており、包丁の配達をしてもらっている。
天性のセンスの良さで初代の技術を盗み、15歳の頃に初代と変わらぬほどの実力を身につけたが、初代が突如行方不明となったため(前述の通り初代は事情を説明したが、声が小さすぎて伝わらず)、初代に腕を認められてないと思い込み自信を喪失してしまう。男装し女性である事を隠すようになったのも、「「研ぎ師メルク」は強い存在でなくてはならない」という思い込みからだった。
しかし、包丁を直してもらいにやって来た小松の励ましによって自信を取り戻し、竜王デロウスの牙に小松の包丁を接合させ、新たな小松の包丁を作り上げた。

プロフィール

年齢:21→25歳
血液型:A型
身長:170cm
体重:60kg
誕生日:不明
星座:不明
視力:2.5
足のサイズ:26cm
好きなもの:刃物を研ぐ音
嫌いなもの:使い捨ての道具
好きな言葉:努力は才能を研ぎ澄ませる

関連タグ

トリコ

コメント