ピクシブ百科事典

モスクワ中央環状線

もすくわちゅうおうかんじょうせん

ロシアの首都、モスクワにあるモスクワ市交通局が運営する路線。モスクワ市交通局が運営する路線では最も新しい。
目次[非表示]

概要

ロシアの首都。モスクワにある鉄道路線。
モスクワ旧都心部を囲む都市高速鉄道で、2016年(平成28年)9月10日に全面開業。

元々は貨物線用の鉄道を整備して2016年(平成28年)9月10日に旅客船として開業した。
尚、モスクワ地下鉄の路線として扱われる為、モスクワ地下鉄14号線とも言われる。

下請けとして選ばれた連邦政府所有のロシア鉄道及び、モスクワ地下鉄を通してモスクワ政府所有のMKZD社によって運営されている。
軌道インフラやプラットフォームはロシア鉄道、殆どの駅ビルはMKZD社が所有する。

日本で言えば、武蔵野線おおさか東線愛知環状鉄道みたいな路線となり、料金はモスクワ地下鉄と併用可能で初乗り加算はなく、入場は改札制となっている。

なお、各駅のホームは10両編成の列車が対応できる構造になっており、5+5編成の運転がされている一方、他線への運用も考慮されているので10両固定編成化はされていない。
10両固定編成化は利用者状況を見て行う予定となっている。

駅一覧

駅番号駅名乗り換え路線備考
1オクルジュナヤ
2ヴラディキノセルプホーフスコ・チミリャーゼフスカヤ線ヴラディキノ駅
3植物園カルーシュスコ・リーシュスカヤ線《植物園駅》(徒歩圏内での乗り換え可能)
4ロストキノ
5ベロカメンナヤ
6ブリバール・ロコソーフスカヴァソコーリニチェスカヤ線《ブリバール・ロコソーフスカヴァ駅》(徒歩圏内での乗り換え可能)
7ロコモティフソコーリニチェスカヤ線チェルキゾフスカヤ駅
8イズマイロボアルバーツ・コポクローフスカヤ線パルチザンスカヤ駅》(徒歩圏内での乗り換え可能)
9ソコリナヤ・ゴラ
10ショッセ・エントゥジアストフカリーニンスコ・ソンツェフスカヤ線ショッセ・エントゥジアストフ駅》(徒歩圏内での乗り換え可能)
11アンドロノフカ
12ニジェゴロドスカヤ
13ノヴォホフロフスカヤ
14ウグレシスカヤ
15ドゥブロフカリュビリーンスコ・ドミトロフスカヤ線《ドゥブロフカ駅》(徒歩圏内での乗り換え可能)
16アフトザヴォーツカヤザモスクヴォレーツカヤ線《アフトザヴォーツカヤ駅》(徒歩圏内での乗り換え可能)
17ジル
18ヴェルフニエ・コトゥリ
19クリムスカヤ
20プローシャジ・ガガーリナカルーシュスコ・リーシュスカヤ線レニンスキー・プロスペクト駅
21ルジニキスポルチーヴナヤ駅》(徒歩圏内での乗り換え可能)
22クトゥーゾフスカヤフィリョーフスカヤ線《クトゥーゾフスカヤ駅》
23デロヴォイ・ツェントルフィリョーフスカヤ線メジュドゥナロードナヤ駅
24シェレピハ
25ハラショーヴァタガーンスコ・クラスノプレースネンスカヤ線ポレジャエフスカヤ駅》(徒歩圏内での乗り換え可能)
26ゾルゲ
27パンフィロフスカヤ
28ストレシネヴォ
29バルチースカヤザモスクヴォレーツカヤ線《ヴォイコフスカヤ駅》(徒歩圏内での乗り換え可能)
30コプテヴォ
31リホボルィ


使用車両

クロスシートとトイレが併用された車両で、5両編成で収納人数は1250人。
クロスシートの多くは3+2列か2+2列構成されている。
運用車両はЕС2Гの都市型専用車の第45~87編成が充てられている。
尚、ラースカチスカはロシア語で『』を表し、МЦКのホーム有効長は10両対応なので、5+5の10両編成の列車も対応可能となっている。

関連項目

モスクワ モスクワ地下鉄環状線 モスクワ・メトロ

pixivに投稿された作品 pixivで「モスクワ中央環状線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8

コメント