ピクシブ百科事典

モリーナ

もりーな

ここでは、映画『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』に登場するキャラクターを紹介する。 (メインイラスト左上の女性)

概要

映画『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』に登場するキャラクター。
原作・旧映画版では登場していない。
CV:香里奈、堀江由衣(幼少時)

17歳の女性で白いバンダナと赤い髪が特徴。

7年前にコーヤコーヤ星へ航行中の移民船でトラブルが発生したときに父であるバーンズ博士が危険を顧みず、船外で修理作業をしていた際、不慮の事故により、バーンズ博士はワープ空間へ投げ出されてしまう。

父の事故で他の移民たちが父を助けに行こうとしなかったことから、モリーナは彼らを恨むようになってしまったがロップルに対しては父の事故が起きる前から面倒を見ていたこともあり、良き姉貴分の顔を見せる。

当初はドラえもん野比のび太に対しても冷たい態度をとっていたがドラえもんたちの活躍を目の当たりにするうちに彼らに心を開いていき、他の移民たちがのび太たちが助けに来ない(実際は外出禁止のため行けなかった)ことに対して、文句を言っていた際には自分たちの問題にこれ以上、彼らを巻き込むなと怒鳴りつける程までに仲を深めた。

しかし、父を喪ったトラウマと移民たちとの確執をギラーミンに利用され、のび太たちが行き来している超空間ゲートの場所を教えてしまう。
ギラーミンに騙されたことを知った後はガルタイト鉱業が仕掛けたコア破壊装置をワープ空間へ破棄するためにロップルやドラえもんたちと宇宙船に乗り込み、見事に破壊装置を破棄するも爆発の余波で全員がワープ空間へ投げ出される。

ワープ空間の裂け目から放り出された場所で実は生きていたバーンズとの再会を果たし、その後は宇宙警察によって、無事コーヤコーヤ星へ帰ることが出来た。

事件後は移民たちとも和解するがバーンズが生き延びた星の開拓のために活動するようになる。

余談

ガルタイト鉱業に超空間ゲートの場所を教えるのは原作・旧映画ではクレムへの恋心からのび太に嫉妬したことを利用されたブブであったが本作ではモリーナに変更されたことから、ブブはのび太たちに最初から好意的な態度を見せている。

関連記事

親記事

ロップル ろっぷる

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モリーナ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「モリーナ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3691

コメント