ピクシブ百科事典

ユーパルケリア

ゆーぱるけりあ

三畳紀前期に出現した主竜類の一種。エウパルケリアとも。

概要

小型の主竜類の一つ。
疎林帯などの環境に生息していたと考えられている。

見た目といい大きさといいトカゲの様だが、実際はワニなどに近い。
前足に比べ後ろ足が長く、しっかりした作りになっていたので、非常時などに二足歩行していた可能性がある。筋肉などのつき方の推定などから相当な速度が出せたと思われ、バシリスクの様に水上走行ができたと考える学者もいる。(メイン画像はその説に基づくもの。)

頭骨から主食は昆虫などの林床に生息する小動物とみられ、時には植物も食べる雑食性だったと考えられている。
歯は失わなくても定期的に生え替わる仕組みになっていた為、獲物をしっかりと捕らえる事に適していた。

小さな群れ〜単独で生活していたと考えられているが、繁殖シーズンには(今のヒキガエルの様に)大きな群れを作り、集団で繁殖した可能性がある。

関連タグ

爬虫類

関連記事

親記事

主竜類 しゅりゅうるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユーパルケリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント