ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ソーシャルゲーム「ラストピリオド」にて、周年を祝うイベントの一つとして公式サイト、Twitter上にて行われたイベントがラストピリオドキャラクター人気総選挙である。
計4回行われており、周年をお祝いする風物詩のようなものとなってた。
また、Twitterに投票したキャラクターを報告するユーザーも多く、一種の大喜利のようなイベントであった。

最大の特徴は、1位になったキャラクターは後日限定化することが確定するところであり、それが原因で様々なトラブルや憶測が飛び交うことにもなった。
また、2年連続で1位になると、2位のキャラが繰り上げで限定化することもあった。

第1回ラストピリオドキャラクター人気総選挙

リリース一周年を記念した人気投票である。

特徴は以下のとおりである。

・一日最大2票投票可能
・中間発表あり
・星5、星4キャラクター、総合ランキングの3つの部門で発表された
・星5、4にて1位のキャラクターは1周年のイベントにて新衣装にて限定化する

星5部門

順位キャラクター名
1位ネロ
2位バルザック
3位イル
4位アストレア・アンセム
5位オルデン
6位ダイヤ
7位スライ
8位フィオ
9位フラウ
10位メルディア


星4部門

順位キャラクター名
1位パール
2位シロクマ
3位エメラルド
4位フェルトナ
5位サファイア
6位ミモザ
7位ウーリュー
8位ペティ
9位ユミル
10位ルビー


総合部門

順位キャラクター名
1位ネロ
2位バルザック
3位イル
4位アストレア・アンセム
5位パール
6位オルデン
7位ダイヤ
8位スライ
9位フィオ
10位フラウ


この人気投票にて、運営は1位になったのが男性キャラのネロであったことに衝撃を受けていた。
しかし問題点も存在しており、男女別となっていないため正確な順位をはかれていないといった問題もあった。

第2回ラストピリオドキャラクター人気総選挙

リリース2周年を記念して行われた人気投票である。

前回からの変更点は以下の通りである。

・1位のキャラは限定化せず、サブストーリーの追加
・総合順位の廃止

星5部門

順位キャラクター名
1位ネロ
2位アレーティア
3位ルーイ
4位イル
5位メルディア
6位ワルキューレ
7位アストレア・アンセム
8位スライ
9位モエギ
10位クロエ


星4部門

順位キャラクター名
1位パール
2位シロクマ
3位エメラルド
4位フェルトナ
5位ユミル
6位クロクマ
7位ラルフ
8位サファイア
9位ミモザ
10位ルビー


問題点

・男女別でないこと
・アニメ効果による投票もあり、一部キャラの順位が正確でないこと
・ネロのサブストーリー以降、サブストーリーの更新がないこと

第3回ラストピリオド人気総選挙

リリース3周年を記念した人気投票である。

前回からの変更点は以下の通りである。

・男女キャラ別投票
・投票は性別につき1票に変更
・1位のキャラは限定化

男性部門

順位キャラクター名
1位ネロ
2位ルーイ
3位ゲシュタルト
4位アルタイル
5位アーサー
6位ペネトレイト
7位グリルパウツァー
8位ユミル
9位シャルル
10位ゼクス


女性部門

順位キャラクター名
1位アストレア・アンセム
2位アリス・エンドロール
3位イオナ
4位アレーティア
5位イル
6位クロエ
7位ワルキューレ
8位モエギ
9位ムル・ラトゥム
10位フィオ


問題点

またネロかよ炎上
・またネロかよというユーザーと、ネロ好きのファンの間で喧嘩が起きて炎上。
しかし、もう一方の炎上に比べたらましである。

アストレア・アンセムが1位になったことによる大規模な炎上
・最後のイベント出演から1年半イベントに出ることがなく、3周年記念の全員集合イベントにすら出演することができなかったキャラクターが1位になり運営のお気に入りばっかり出し続けることに対しての不満が爆発し炎上
・その後、スイーツパラダイス記念コラボイベントにて、1年半ぶりにイベント出演を果たしたアストレアなのだが、アストレアの設定である【次期領主】を【領主】と間違えた。これにより、運営はお気に入り以外のキャラクター設定を覚えていない疑惑が浮上
・スイパラ限定の別衣装グッズがイベント出演をはたしたキャラクターの中でアストレアのみグッズがないことで炎上。ユーザーから「何故1位のキャラのグッズを作らないのか」や、「1位になったから慌ててイベントに入れたのではないか」と指摘された。
・その後、アストレア主役のイベントを行なったが、なんと人気投票1位キャラに差別発言を言わせたことで炎上
・「1位になったから慌てて作ったのではないか」と再び言われて炎上
・また人気投票記念限定と運営が言わなかったため、ユーザーが困惑する事態となった

アストレアが1位になったことで、今まで冷遇していたキャラクターに対する扱いの悪さが問題視され、ラスピリ史上に残る大炎上となった。
しかし悪いことだけではなく、これ以降運営のお気に入りキャラだけでなく様々なキャラクターにスポットライトが当たるようになった。
アストレアはある意味で運営の「お気に入りばかりイベントに出す」というやり方に待ったをかけたキャラになった。

第4回ラストピリオド人気総選挙

リリース4周年を記念した人気投票である。
この年からネロが殿堂入りし、これ以降限定化することはないと公式直々に発言。殿堂入り記念着せ替えを追加した。
また人気投票で2度1位になったキャラは殿堂入りすることが決定した。

ちなみに前回との変更点は特にない。

男性部門

順位キャラクター名
1位アーベント
2位ルーイ
3位シャルル
4位ゲシュタルト
5位アーサー
6位アルタイル
7位ユミル
8位ペネトレイト
9位ゼクス
10位グリルパウツァ―


女性部門

順位キャラクター名
1位アストレア・アンセム
2位イル
3位アレーティア
4位クロエ
5位アリス・エンドロール
6位ワルキューレ
7位イオナ
8位フィオ
9位シャスナハ
10位アハト


問題点

またアストレア炎上
・メインストーリーにて、ホープユニットとして限定化。しかし、扱いはかませ犬であり炎上。一部ユーザーからは「1位になったからホープになった」や、「運営アストレア嫌いだろ」などと言われている。また、その後のメインストーリー、イベントストーリーの内容のせいで再び炎上しており、一部ユーザーからは「感情移入しづらいぽっと出のキャラ主役にしてその後に後始末イベントするくらいなら、最初から最後までさんざんイベントテーマとしてやってきた内戦を知らない新世代をメインにして、その代表格で人気もあってホープになったアストレアを終始活躍させてやればいいのに」や、「そもそも1位優遇はネロの時から運営がやってたのに」などと厳しい批判を受けた。
・また人気投票1位記念限定化の告知なし。いい加減にしろとユーザーに指摘された。

何故ここまでアストレアは炎上してしまうのか、それは、人気投票1位、及び上位キャラクターを優遇してしまう前例を運営自ら作ってしまったことにある。
ネロなどが代表例であり、ネロはメインストーリー第1部でも前線として活躍し、第2部にてもう1人の主役レベルの大活躍を果たした。
つまり、人気があり殿堂入りを果たしたアストレアに対してユーザーの期待値が非常に高くなりすぎてしまい、ネロ同様の扱いを受けると勘違いした事が原因である。
しかし、これはある意味当然の反応であり、運営の自業自得であると言っていい。なぜなら、この前例を作ってしまったのは、他ならぬ運営自身なのだから。
ちなみに、アストレアの殿堂入り記念着せ替えは未だに実装されていない。
こういった微妙な格差が炎上の火種となる事を、運営は未だに学習していないのである。

運営、平然と嘘をつく
・ネロが5周年にて再び限定化した。
ユーザーに対して平然と何食わぬ顔で嘘をついてきた。4周年でもう限定化しないと言ったな?あれは嘘だ。

その他
・人気投票が限定化してほしいキャラ投票になってしまった

これ以降人気投票は行われておらず、ラスピリここ好きという企画になったため、ユーザーからは安堵の声も上がったが、人気投票がないことを寂しく思うユーザーもいる。

人気投票殿堂入りキャラクター

現在、殿堂入りしたキャラクターは二名のみである。

ネロ周年人気総選挙にて常にランクインを果たしている。また、アニマルレルム枠でも周年人気総選挙では常に一番上位の順位を取っている大人気キャラクターである。
アストレアこちらも周年人気投票にて常にランクインを果たしている。また、ブラッドレルム枠でも周年人気総選挙では常に一番上位の順位を取っている大人気キャラクターである。

関連記事

親記事

ラストピリオド らすとぴりおど

兄弟記事

コメント