ピクシブ百科事典

ラストピリオドのイベント一覧

らすとぴりおどのいべんといちらん

Happy Elements株式会社の提供しているスマホ用ソーシャルゲーム 「ラストピリオド」で開催されたイベント一覧
目次[非表示]

開催されたイベント一覧

名称舞台国限定ユニット補足
その名はヴァージェスヒューマレルム?アート;ボルカノ  ユニット:カーララスピリ初のイベント。あんガルではお馴染みだったランキングpt形式 このイベ後に主人公組、一部の星4、星5限定だった着せ替えが星3以上のユニット全てに解禁
彷徨う黒衣と車椅子ヘルレルムアート;マッドオルド ユニット:カノンこのイベからイベ登場星3がガチャ追加されるようになった。初イベに比べてイベボの必要ptが下がった
肉だ!野菜だ!!大食い対決!!!アニマルレルムアート;エルドルル ユニット:クルーゼこのイベントの後しばらくランキング形式は行われなくなる
魔女協会の黒と白ブラッドレルムなどその他アート;無し ユニット:カーネリア初の納品形式のイベでイベ期間中にイベを中断せずにメインストのアートを集めることが出来るようになった。イベント特効ユニットが出るようになった
消えない過去と消えた笑顔スカイレルムアート;フラマーラ ユニット:ミアこのイベからランキングが廃止され、各エリア達成ボーナスでユニット、着せ替えなどが入手出来るようになった。ペネおじ初登場イベでもある
出世の道は未知との遭遇ヒューマレルムアート;無し ユニット:リル納品イベ2回目。この頃からアニマルレルムな外見のヘルが増える
策謀は軍際に愁ふスペアレルムアート;グランホーエル ユニット:ヘンリーピリオド杯以外では最後のランキング形式イベ。後のストに出てくるオルデンが顔隠れ状態で出ている.またヘンリーはメインスト8章で大活躍する
ハロハロデストラベルヘルレルムマルチ限定アート;ジャックホー ユニット:ルチアナ納品イベ3回目。久々に主人公勢登場 このイベから納品イベ時に期間限定アートがマルチで登場
嫉妬と羨望の先ヒューマレルムアート;クリスダイン ユニット:リュゼリュゼのユニットストはもはやメタ発言である。アフェロラの衣装がエロいが後にさらに上が色々登場してる。公式4コマが林檎審査よく通ったなと自虐ネタである
西の軍姫日誌スペアレルム(アニマルレルム)マルチ限定アート;アイゼンドロイ ユニット:クラリスオルデンさん初登場イベ クラリスの設定がマジョのルーシーという女スパイに激似だが2重人格ではない
秩序の継承者ブラッドレルムアート;グルーミージミー ユニット:オラトリオマジョ由来キャラがかなり登場したイベである。通称アンセムイベ このイベ以降イベボ星4の入手出来る最大数が減る
田舎トナカイと都会サンタ6大国全てマルチ限定アート;マロースベル ユニット:キャロル通称クリスマスイベ このイベの期間にサンタネルラが入手出来るガチャがあった。久々に主人公勢登
初夢を唄う即興曲6大国全てアート;ツキヨウギ ユニット:オルフェ通称正月イベ この期間に期間限定で和服スライとチビキャラバージョンのネロ、ゼクス、バルザックが出た。主人公勢は一応登場したがほぼ脇役。イベボに初めてレガリアが追加された
この騒がしい来訪者に祝福を!ヒューマレルム、アニマルレルム、ブラッドレルムアート;冬将軍 ユニット:サキュッパス通称コラボイベ このすばキャラが出るガチャが期間限定開催された。エクストラの一部の敵にルナティックが追加された。主人公勢が久々に主人公ぽくしてた。このイベからイベボに星3の代わりにレガリアが追加されることが増える
心の器を満たすものヒューマレルム(スカイレルム)マルチ限定アート;デュラハン ユニット:ラームスカイレルムの割と暗い感じの話だがリア充爆発しろと言いたくなるような内容である。ペネおじさん久々に登場
恋に恋するバレンタインヘルレルムアート;アモロディオ ユニット:マオルフ中々百合な感じのストーリである
仲間をたずねて三千里ヒューマレルムマルチ限定アート;リヴァイマ ユニット:ウルスラ特筆すべき点は納品イベのイベボに覚醒の書、レガリア、いままで入手可能なのが1体だけに等しかったイベボ星4が複数入手可能になった点である
空挺隊の流儀スペアレルムアート;イエーガーゼロ ユニット:ペティメインスト7章で先行登場していたワルキューレさんと愉快な仲間たちの話。イベボ星3はこれ以来今のところ登場していない
アルル先生の課外授業アニマルレルムマルチ限定アート;アルモライナ ユニット:クオン不良少年と先生の話 行ったことが不良のレベルを超えている気がするが。このイベからイベボに称号が追加された
はぴえれの野望イベボス はぴえれ社長 まつだPエイプリルフール限定イベ。一言でいうと凄まじい自虐ネタ。ゲーム内ではあるがホーム画面が燃えた様子になったり、運営のパウァ等ネタ要素が凄い。社長が生放送等でアライグマのマスクを被って出ることが多いのでアライグマスクという中々カオスな着せ替えが登場したが、後に更に上をいくカオスな着せ替えが登場した
ザクたんは静かに暮らしたいブラッドレルムアート;モロモロリ(通称エロいカニ)ユニット:バベルイベ名が髑髏ネクタイのサラリーマンを彷彿とさせる。ある意味ひょんな事で今までの日常が崩れてく点はタイトル元ネタと同じかもしれない。マジョの大罪のガイツ、朧の創設者の一人のザクが登場。ラスピリではモロモロリは毒カニだが、通称エロいカニなのはマジョの海イベに由来
イベント名が決まらない!ヒューマレルムアート;メカモッフル ユニット:トリケン甘城ブリリアントパークとのコラボイベ。甘ブリの設定上、可児江君以外全員ブラッドでも良さそうな気がするが、ブラッドなのはサーマラだけである。コラボユニットは結構妥当なレルムになっており、その内の1人は複数人で1体扱いとマジョのLRやあんガルのMRを髣髴させる、そしてどういうわけかコラボ記念全員配布のユニットがまたしてもパジャマである。このイベ終了後の限定マルチでマカロン、モッフル、ティラミーのゲスい顔の着せ替えの入手出来るクエストがあった
月刊ウォッチャー六大国記念日特大号!!6大国全てアート:オニパンキング ユニット:リッシュ1周年記念イベ。内容は一言でいうなら公式キャラ崩壊。具体的に、エーリカ、カンパネルラが上下逆転、ジレッド、ノインが実の兄、妹と思い込む。国王が魔王討伐に行く、モノクロベアーズがプロレス、ネロが中二病を拗らす、軍姫がアイドルになる、イルの姉?がバグる、ダイヤが真面目に働き出すなど中々凄い。また一部アートが再入手可能であった
局長代理の最終兵器ヒューマレルムマルチ限定アート;イヴィルラーヴァ  ユニット:モニカラスピリで初の過去ストである。特筆すべき点はイベ特ユニットの1人がイロモノキャラであるということ。マジョで今回イベユニットと同名のキャラはいたが恐らく完全別人である。イベ終了後の公式4コマにあんガル、あんスタのネタを入れてきたのは必見であるが今思えばあんガルがゼロになるから使ってもいいや的なものだった可能性もある
怪盗、影を駆けるヘルレルムアート:ファントマ  ユニット:シータ怪盗とそれを追うピリオドの話。ラスピリのユニットでカルヴィナは恐らく初の変身するモーション持ちである。ptカンスト後に星3ガチャチケがサイレント追加された
ひぐらしのなく頃に 輪廻し編雛見沢村アート:ソウルブラザーズ  ユニット:園崎詩音その名前通りひぐらしのなく頃にとのコラボイベ。今までのコラボと明らかに扱いが違い一時的にアプリアイコンがレナ、ちょこになる、カウントダウンイラストが公開される、ホーム画面が専用仕様になる等である。今までのコラボはコラボキャラが異世界からの来訪者的な扱いであったが、今回コラボは逆ケースである。イベアートがエイプリルフールイベ以来の等身大である。余談だが、マジョにレナのパロディイのようなキャラが何人かおり、ひぐらしが好きだった可能性が高い。レナだけボイスが他キャラより多い。期間中に同社のあるゲームが【ゼロ】になることが発表された事は中々衝撃的である
モラトリアムセラフィムスカイレルムアート;バルトロメウス  ユニット:レオナルドレオナルドとクロエの話で、クロエが成り行きでセラフィムに選ばれてしまう話である。中々のカップルぶりな話である。イベアートのバルトロメウスは元風のセラフィムの使い魔だったものなのに、何故か水属性敵なのが最大の謎である。露骨に木属性はアタッカーが冷遇されているのでひぐらしコラボに続いて水ボスで辛かった人は多いのではないだろうか
ホットスポットアクアパッツァブラッドレルムマルチ限定アート;ハニーシーカ  ユニット:ミーナ 復刻ユニット:カーラ、エディ簡単に言えば夏イベ。ラスピリ初イベのイベボユニット及びイベボ着せ替えが復刻したのが最大の特徴。またミーナはイラコンのユニット。同タイミングでメダル、マルチメダルに追加されたエーテ、ハニーシーカーもイラコンユニットである
Re:ゼロから繋がる異世界生活ヒューマレルム,ブラットレルム国境エリアアート,ユニット:ペテルギウス ロマネコンティ名前の通りリゼロとのコラボイベで、登場キャラが多いのかガチャが出るキャラがレムかラム確定、エミリアかベアトリス確定と2回に分かれた。一番の特徴がアート、イベボ共にペテルギウス、そして何と同時開催のマルチドロップ着せ替えが各キャラ由来着せ替えよりペテルギウスお面ドロ率が高い、期間限定のラスピリ広告がペテルギウス、イベストでペテルギウスは完全フルボイスと実質のペテルギウス祭り状態である。ちなみに全員配布はジャージ姿のレム、イベバナーはスバル、エミリアではあるのだが…。補足だがイベボユニットで敵側がユニットなのは初である。非イベボではバルザック、ジレッド、ペネトレイトという先輩はいるが
ミミの異世界道中記スカイレルム以外の国全てマルチ限定アート;パック ユニット:ミミ 復刻ユニット:リルリゼロとのコラボイベで、ラスピリでは限定マルチを除いては初のイベ同時開催。出世の道は未知との遭遇のイベユニットのリルと着せ替えが復刻した。またストーリに出てくる既存ユニットのオルデン、フラウ、ティアナ、シャルル、アルル先生にイベ特が付いたのも特徴的。内容としてはミミが戻るために各国を旅するというものである。同時開催の限定マルチではコラボユニットのパックがアートとして登場した。マルチ交換所にペテルギウスのアプリ内スタンプが追加され、やはりペテルギウス祭り状態であった
酒と泪と二人の戦士アニマルレルムアート;テテゴーラ ユニット:ヤムヤムアニマルの流れものラオがむささびの里を救う話なのだが、所々でマジョのシナリオライターが書いたのではと思える箇所がある。それは読んでのお楽しみで。今回イベからレガリアドロップと強化ボード素材が落ちるようになったのも特徴である
ランウェイで振り向いてブラッドレルムマルチ限定アート;アジ・ダハーカ ユニット:アシュリー 復刻ユニット:カーネリア最大の特徴はガチャユニットがムゥ、フウ、ライ、マルチ限定アートがアジ・ダハーカであることだろう。特に後者は元マジョ勢には説明不要なぐらい馴染みはある。話はアシュリーがムゥのプロデュースでモデルになる話である。ムゥ、フウ、ライの台詞で所々でジンを仄めかす発言がある。初納品イベである、魔女協会の黒と白のイベボ着せ替え、ユニットが復刻
贋作者のサムライ魂ヒューマレルムアート;フーウーロン ユニット:ベルトラッチ最大の特徴はリリース前の公式小説に先行登場していたモエギがようやくガチャユニットとして登場したことであろう。ストーリは簡単にいえば偽モエギことベルトラッチをモエギがからかう話である。ベルトラッチは懲りずにジレッドの名前を語って似たようなことをしていたが
ハッピーノイジーハロウィンスカイレルム以外の全てマルチ限定アート;ジャック・ガスト  ユニット:リシェ 復刻ユニット ミア、ルチアナその名前通りハロウィンイベ。リシェがあちこちで幽霊を率いて騒動を起こす話である。最後はセレアスの活躍で騒動は終息した
ブライト・メモリーズヘルレルムアート;ブレインメア ユニット:メモリ9章で先行登場していたアーニャの過去話。元々は9章の登場時のようにはっちゃけた人ではなかったことがよくわかる
復刻 恋に恋するバレンタインヘルレルムアート;アモロディオ ユニット:マオルフ人気だったイベを復刻するとのことでアンケートで1位に輝いたので復刻が開催。イベボが通常のptイベなら10万ptカンストなところが5万ptカンスト、通常なら星4覚醒書が2つのところが1つ、イベボユニットが最大4体から2体に、星5覚醒書とイベボレガリア無しという調整が入っている。ハピエレとしてはさほど珍しいことではないが、ラスピリでは初のイベ機関が延長となった
500万の歌声に乗せて6大国全てマルチアート;ツキヨウギ  ユニット:オルフェ、カトルス、キャロル名前、ストーリーこそ新規であるが、イベボの着せ替えの一部、レガリア以外はすべて復刻という運営の「怠惰」っぷりを感じるイベ。ハピエレとしてはさほど珍しいことではないが、ラスピリでは初のイベ機関が延長となった
聖なる夜と姉弟の定義ヘルレルムアート;オスグルス ユニット:ザザ正直またヘルかよと思った人も多いのではないだろうか。イルが主人公のクリスマスイベ。クリスマスイベとしては若干時期が早い。割とほっこりするイベストでザザが可愛い
異世界で戦車道始めます!スペアレルムイベアート;超重戦車マウス マルチアート;ボコ イベボユニット:秋山優花里 メダル交換ユニット;サンタカチューシャガルパンとのコラボイベ。強化ボード実装後では初のコラボイベ。イベボの一部が専用メダルでの交換になったのがシステム上での最大の特徴。イベボスがスパイラルが変身したという設定とはいえ、もはやモンスターですらないものが登場したのはかなり印象的。マルチ着せ替えであのペテお面に似たコンセンプトの着せ替えが登場した
獅子の紋章と偽りの騎士ヒューマレルムマルチアート;マダム・トープス ユニット:エルクフィオとゼクスの過去の話。期間限定で騎士服のゼクスが登場した。このイベからあんガルのイベントSR、URのようなキャラの1枚絵がイベ中に登場するようになったのがかなり特徴的。旧あんガル、ラスピリも縦持ちなので猶更である。マルチアートのマダム・トープスはイラコンのキャラである
奇跡と魔法と叛逆の物語ヒューマレルム、ブラッドレルムイベボス;キュウべぃ マルチボス;くるみ割りの魔女  イベボユニット:眼鏡ほむら メダル交換ユニット;私服なぎさまどかマギカの劇場版とのコラボでクエストの各名前がアニメ本編の各話タイトル及び名言のリスペクトになっている。叛逆とのコラボのせいかかナイトメアが出てくる。ボスのキュウべぃはほむらの銃撃を受けた時の再現がされているせいか、他の敵(コラボも含む)よりダメージ描写が遥かにグロい。全員配布こそキュウべぃコスのマミさんだが、敵扱いも含むほむら全形態が出ている意味でほむら優遇といえる。マジョの時には時間干渉の魔法使いでかつ愛故に割と黒いこともしてるパールさんがストにでているのも特徴であるが、そこまでほむらとは絡まない
復刻 秩序の継承者ブラッドレルムアート;グルーミージミー ユニット:オラトリオマジョ由来勢には神イベとも称されたイベの復刻であるが、よりにもよってブラッドのコラボイベ時に被せたのは不味かったのではないだろうか。復刻 恋に恋するバレンタインと同様のイベボ調整が入っている
強面総長は好かれたいアニマルレルムアート;デストローク ユニット:ローゼンシステム面の特徴としてはガルパン、まどマギコラボと同じ形式になったのが最大の特徴。バレンタインイベでハスキールが可愛い
あんさんぶるピリオド 終わりなきアイドルの物語ヒューマレルムマルチアート;タピドリム イベボユニット:遊木真 メダル交換ユニット乙狩アドニス簡単にいえば自社コラボ。イベボが条件を満たせば星5に進化可能とイベボでは初の星5が実装された。納品イベとしては特殊でメダル交換で着せ替えやユニットが入手になっている。やっとだがフレンド枠助っ人にイベ特が乗るようになった。またあんスタ側のキャラはフルボイスというかなりの力の入りっぷりである
復刻 モラトリアムセラフィムスカイレルムアート;バルトロメウス  ユニット:レオナルドあんスタコラボイベの途中から開催
残火に誓う英雄スカイレルムアート;ジュスタール  ユニット:フレンあんスタコラボから連続のイケメンキャライベ。火のセラフィムのアルタイルの話
この忘れられた娘にも脚光を!ヒューマレルム復刻マルチアート;デュラハン  ユニット:サキュバス マルチアート及びメダル交換ユニット:バニルこのすばコラボ第二段でかつ、ゆんゆんの話。何と初代このすばコラボの話の続きでもある。マジョでいじられボッチキャラだったガネさんとゆんゆんとの話は必見。イベ形式はあんスタコラボと同じ。コラボ第3弾もあり得そうな話の終わりかただった
復刻 この騒がしい来訪者に祝福を!ヒューマレルム、アニマルレルム、ブラッドレルムアート;冬将軍 ユニット:サキュッパスコラボ第二段に合わせての復刻。第二段コラボが最初のコラボの続きのストであることを配慮してであろう
ラストあんさんぶるバストーリアイベラスボス:MAPPYエイプリルフールイベ2弾。あんガル、メルスト、キャトバス、あんスタからキャラが参戦。あんガルはなつみ、会長、メルストからはユウとワイバーン、キャトバスからはネコ博士とキャットバス、あんスタからは流星隊が参戦。特殊ホーム画面時になつみだけやたら大きかったのも特徴的。各ゲームの課金石の着せ替え及び各ゲームの参戦キャラ由来の着せ替えが登場した。エイプリルフールという名のファンサービスイベだった
三猿寄ればワイズマン!!?アート;グラトリー ユニット:エレイン追加そのものに対して好意的な印象すら抱いていない人も多いであろう新所属のアンノウンのイベ。本編では名前ありモブ程度の扱いだったミザル、イワザル、キカザルのイベ。新所属追加より既存レルム恒常追加とかもっとやるべきことがあるのではないだろうか
復刻 ひぐらしのなく頃に 輪廻し編雛見沢村アート:ソウルブラザーズ ユニット:園崎詩音アニメ内でコラボすることがおそらく理由であろうが、唐突な復刻。何と復刻であるにもかかわらイベボでレナの「嘘だッ!」の時の顔のお面が追加されている。前身アプリで明らかにレナを意識してたであろうキャラが複数いたから、アニメ内コラボもまっぴーの趣味に近いのではないだろうか。しかもひぐらしは新バージョンで新規ストも出ると言われている時期である。]

余談

  • 納品イベの時にイベ限定星4、着せ替えの復刻が来る傾向のようである。ストに関してはマルチか通常メダルで入手出来るストーリ開放キーでコラボスト以外は読めるようになった。アートに関しては一部再入手可能になる機会が増えてきたが、それでも再入手可能な時期は期間限定である。
  • 理由は不明だが、ラスピリ初イベのイベボ星3のエディは何故か長い間ガチャに追加されていなかった。他のイベボ星3は1ヶ月後ぐらいにはガチャ追加されていた。
  • コラボの男主人公は星4ヒューマのことが多い。ガルパンコラボでは何故か主人公はヒューマだった。まどかマギカではブラッドだった。あんスタコラボでは全員レルムがバラバラで何気にイベボの遊木真はオルデンさん難民にとっては貴重な星5スペアのヒーラだったりする。
  • ピリオド杯というものが現在4回ほど開催されたが、ピリオド杯に関しては一部ユーザからの評判はすこぶる悪い。特に2回目のピリオド杯は木属性優遇だったせいで辛かった人は多いのではないだろうか。
  • マルチ限定クエストは正式版になってからβ版ではマルチメダル交換しか入手手段が無かった属性スレイヤーが曜日マルチのビルゼブブ系を倒すと入手出来るようになったが、強化ネジ、進化石、開催中の暴走ボスのアートに関してはメダル交換での入手出来なくなったのである意味ダウングレードしたとも言える。ビルゼブブ系は土日がネジのみの光属性、月曜がダークスレイヤー、火曜がフレアスレイヤー、水曜がアクアスレイヤー、木曜がリーフスレイヤー、金曜がライトスレイヤーとなっている。暴走は、ゲオ、ヤマガミ、アヌビス、フランメラン、セトウィル、実験体61?が不定期でくるが、暴走マルチはよほど自信がない場合はしないほうが吉。
  • 育成ボードが追加されてから各レルムエンブレムのクエストが追加されたが、一応各レルムクエストに順番はあるが属性ネジ、属性レガリアと異なり6日周期なので予測がしずらい。アートはどういうわけか全レルムのエンブレムが強化に必要な模様。
  • 運営にひぐらしのレナ、リゼロのペテルギウス、ジョジョ4部、ガルパンのみほ推しな人がいるであろう事がかなり高い。まどかマギカコラボでのほむら優遇は、本編でほむらがまどかよりも主人公ぽかったからであろう。
  • あんスタとの連携もしくはコラボの構想は、おそらくだがラスピリリリース前からあった可能性が高くリリース前のラスピリ4コマにあんさんぶるピリオドなる4コマが存在している。
  • 現時点でアンノウンはミザル、イワザル、キカザルの3種類のみでかつ強化に必要なエンブレムがイベントでしか入手できない、専用覚醒書がどう頑張っても月で最大5つまで、レア度が星5扱いかつ限定ガチャのみとおおよそ実用性からは程遠いものとなっている。
  • ガルパンコラボイベ以来ptイベで星5覚醒の書x2、アート覚醒の書が貰えるようになり、コラボ先作品に興味が「無」いもしくは推しレルムで「無」いイベてもモチベを保ちやすくなった。何気に星2アート覚醒の書は現時点でイベメダル交換が唯一の入手方法。

テレビアニメ版では……

他作品コラボはこちらこちらでも行われているが、権利関係上で他作品は一切登場しなかった。

しかし、アニメ版第3話では……予想に反して彼らがやってきてしまう。次回予告の段階で、twitterのトレンド入りする程の勢いである。

関連タグ

ラスピリ ラストピリオド

コメント