ピクシブ百科事典

ラフトクランズ・カロクアラ

らふとくらんずかろくあら

ラフトクランズ・カロクアラとは、スーパーロボット大戦OGシリーズに登場する人型機動兵器である。
目次[非表示]

機体データ

分類分類不明
動力オルゴン・エクストラクター
補助MMIサイトロン・コントロール
所属フューリー
全長34.5m
重量91.1t
主なパイロットカロ=ラン・ヴイ
メカニックデザイナー柳瀬敬之


概要

フューリア聖騎士団に配備されている騎士機「ラフトクランズ」のカスタムモデル。
本編中では諜士団(フューリーに於けるスパイ)を束ねるカロ=ラン・ヴイに与えられた黒の機体のみ登場する。諜士団が所有している為、「騎士機」とは呼ばれない。なお、カロ=ランは騎士ではないが幹部クラスである士長の一つ「諜士長」であるため搭乗が認められている。
威力偵察任務用に調整されており、頭部にはスカウティング・センサー・モジュールが搭載され、ブレード・アンテナを始め各種センサー類が増設されている。
両腕にクローシールドを備えた独自の構成を持ち、オルゴン・ソード・ライフルは装備しておらず、射撃兵装は機体本体に装備されたオルゴン・キャノンで代用される。

スーパーロボット大戦J』には登場しないオリジナルのラフトクランズである。
オルゴン・クローを得意とするという点ではジュア=ム・ダルービの真紅の機体に相当するが、
武装の演出や運用思想の違いから全く別の機体である。
また、この機体の登場に伴ってジュア=ム機はスタンダード・モデルの機体に変更されている。

武装

基本的にラフトクランズと同じ物を使うが、武装の構成は全く異なる。

オルゴン・キャノン

胸部・肩部に搭載されている射撃兵装。
他の機体同様の直線上に広域発射可能なMAPWであるが、本機ではオルゴン・ソード・ライフルの代用としても使用する。そのため、射撃兵装はこれ一つとなっている。

クローシールド

先端部を展開する事でオルゴン・クローとして使用可能な手持ち盾。
オルゴン・クローは敵を掴み投げる他、爪で引き裂く等の攻撃が可能。本機では他の機体よりも攻撃の演出が長めであり、敵を吹き飛ばした後も更に転移を行い、敵を踏みつけながらシールドで刺し貫く独自の締め。また、クローを展開せずに先端部を敵に突き刺し、その後クローを展開する事でその圧力によって敵を内部から破壊する「シールド・ペネトレイター」と呼ばれる技も使用する。

オルゴン・クロー・バスカー・モード

最大出力モードである「バスカー・モード」を起動、クローシールドで敵を殴りつつオルゴン・キャノンで追撃を加える。
追撃の次にオルゴン・クローを展開、敵を徹底的に切り刻んだ上、クローで掴んだ状態から投げ飛ばし、コーティングをしたクローによる更なる斬撃を加える。
最後にはマテリアライゼーションしたオルゴナイトのクローを展開し、高速転移を行って距離を詰め、クローによるトドメの一撃で粉砕する。

関連項目

スーパーロボット大戦OGムーン・デュエラーズ
ラフトクランズ
バンプレストオリジナル

pixivに投稿された作品 pixivで「ラフトクランズ・カロクアラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 463

コメント