ピクシブ百科事典

ランパート

らんぱーと

FPSバトルロイヤルゲーム「Apex Legends」に登場するプレイアブルキャラクターの1人。明敏なる改造職人/火力支援基地。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. アタリゲームズおよびテンゲンが1990年に北米でリリースしたアーケードゲーム。
  2. ApexLegendsの登場人物。本稿で解説


「アンタらが負けるときは、アタシがサポートするのを飽きた時だよ。」

プロフィール

本名ラムヤ・パリーク
年齢21
帰るべき世界ガイア


背景

ランパートは個人事業を営むブルーワーカーだ。アウトランズの西、危険で荒んだエリアを巨大な銃、そして金属スクラップ満載のバックパックでだけで生き抜いている。ガイアで人気の改造ショップを開く以前、ラムヤ・パリーク(通称ランパート)は アンダーグラウンドのガントレット界で評判を高めていた。パリークは自身が改造したアイテム、そして圧倒的なスキルを武器にして頂点に上り詰めた。以後、彼女は密輸業者やシンジケート組織、そういった連中からの依頼を受けるようになる。「ランパート」の刻印がなければ、最高の代物とはいえない。巷ではそんな話も聞かれるほどだ。

パリークはその圧倒的な腕前をこれ見よがしに披露していた。いや、彼女流に言うなら、愚か者の無様な姿を露見させていたのだった。そんな彼女の振る舞いが事件を誘引した。あの日の夜、暗殺者集団が店を襲撃した。店は全焼し、彼女はすべてを失った。Apexカードを除いて。このカードはパリークにとって、単なる招待状以上の意味を持つ。店を失いはしたが、これまで築き上げてきたものは認められた。その証となるものだ。彼女のモットーが、自身を端的に表している。「スクラップすら金に変えてみせる」。それが彼女の生き様だ。
(公式サイトから引用)

能力

  • パッシブアビリティ

改造ローダー
LMGやミニガン使用時に装弾数が増加し、高速なリロードが可能。モーションも専用のものになる。

  • 戦術アビリティ
増幅バリケード
遮蔽物を設置すると、全体を覆う増幅バリケードが出現する。外側からの敵の銃弾をブロックし、バリケード内からの攻撃を強化する。

  • アルティメットアビリティ
ミニガン「シーラ」
全員が使用できる銃架付きマシンガンを設置する。大量の装弾が可能だがリロードに時間を要する。

性能

高火力大好き武器改造女性。解除費用はレジェンドポイント12,000かAPEXコイン750及びチャンピオンエディション購入により解除。

プレイヤーが待ち望んでいたであろうミニガン持ちレジェンド。かなりの高火力要塞を築き上げることができる。ぶっちゃけジブラルタルよりも要塞してる
アビリティの関係上完全に後方支援型。あまりがつがつ前に行けるようなレジェンドではない。
仮に味方に脳死突撃や前に出たがる人がいる場合,前者の場合もはや見捨てる他ないが,後者の場合はセリフホイールやピン刺しで何とかなる。勝ちたければぐっと我慢して防戦に徹しよう。

戦術アビリティの増幅バリケードは一度に3枚、最大で5枚置ける。しかしこいつは見た目以上に一方方向に弱く,設置中の耐久は45しかないのですぐに破壊され、LMGやショットガン等火力が高い攻撃が入るとあっさり壊され,素手では2発で破壊される。起動には大体4秒ほど時間がかかるのでその点も注意。
もし壁を立てても何もなければ回収しよう。Noxガストラップと同じで未使用状態で回収すれば一つ分のメモリをリチャージせずに再使用できる。

彼女には基本LMGを持たせることを意識するといい。パッシブのおかげでリロード速度と装弾数が上がるため、一丁は持っておこう。ディヴォーションなら連射速度でごり押せるためオススメ。ダメージ量ならスピットファイアを。
Lスターもオーバーヒートの時間がかなり短縮されるのでいいかもしれない…がこの武器に関してはぶっちゃけ上記二つのLMGに食われてしまっているので、アリーナ以外では持つ意味がほぼないという悲しい現状

アルティメットアビリティのシーラは基本増幅バリケードとの併用を意識しよう。威力が増幅し、何よりその場から動けなくなるというデメリットを大きく緩和してくれる。数値の理論上はこれだけで2500ハンマーは取れるダメージ計算。
無傷かつ一発も撃っていなければ、回収することでアルティメットのチャージが50%増加する。こちらも壁と同じく何もなければ回収しよう。
問題は起伏が激しい場所に弱く、耐久もそれほど多くないので特段強いというわけでもない点。寧ろキングスキャニオンではそれが仇となり、人工的な建造物や広い川沿いぐらいでしか効果が発揮されない点には注意。一応高所を取るようには意識しよう。

アリーナでの使い方

何もない場所に即興で遮蔽物を作れる増幅バリケードが強みのランパートは、一度に三つ置けると言う事もあってラウンド1から火力の猛威を振るうことが出来る数少ないレジェンド。この上ない厄介さを持つためとことん嫌がらせをしよう。
が、逆に言えばバリケードが破壊されると味方の負担が増えることになるので極力2対1に持ち込もう。
アルティメットも余裕があれば買っておいても損はない。正面衝突になるアリーナでは有り余る連射力で敵に身動きさせない強みもあるが、シーラがあると認知されてしまうと真っ先に集中砲火を喰らうことになるため後方での設置が好ましくなる。パッシブの通りLMGが得意武器なのでスピットファイアやディヴォーションの装備がほぼ固定になると言えるだろう。
正面に対して強いもののホライゾンやヴァルキリーによる上からの攻撃が弱点。

小ネタ及びバグ

増幅バリケード問題(日本等その特定地域のみ)

この増幅バリケードを二枚重ねて設置し、そこに向かって撃つと100%の確率でサーバーエラーが起こるバグがPC版のみ発生した。(PS4の場合は奥に置いたバリケードの耐久が1になり弾丸1発で破壊されてしまうが、こちらは仕様ということが判明)

原因は残虐表現を抑えようとするプログラムが暴走した形に
※公式アナウンス日本語訳
【今回の問題が発生した原因はタイタンフォール時代まで遡ります。
当時CEROレーティング(年齢制限)の条件をクリアするため、日本地域等で使用されていた『胸部部分の残虐表現を抑えるプログラム』が作られ,現在同様のプログラムが同様の理由でApexでも使用されています。
今回ランパートのテスト中に「高レート武器」で増幅バリケードを壊すと,UIアニメーションが正常に流れない不具合が発見され、その解決策として、バリケードをオブジェクトとして扱うのではなく、各人間キャラと同様の判定として設定し対処を施す形になりました。
その結果「増幅バリケードが人間」として判定されるようになり、『胸部部分の残虐表現を抑えるプログラム』が作動し増幅バリケードのあるはずのない胸を探した結果、胸が見つからずエラー落ちするというのが今回の原因と判明しました。】

日本の残虐表現を抑え込もうとする徹底的な教育やプログラムシステムが,表立ってこのエラーを発生させてしまってる形となっている。

がそれが原因で増幅バリケードが「まな板少女」やら「胸が無い女の子」やら「修正されたら巨乳なお姉さんになる」やらと別の意味で盛り上がっている
もうやだこの国

原文ツイート

シーズン7にて

シーズン7にてクリプトのドローンにアルティメットアビリティであるシーラを置けることが発覚(現在は修正済み)
それに伴いドローンを動かしながら上空でミニガンを連射できる『ドローンシーラ』なるものがしばらく流行りだした。

武器スキン

改造屋を営む彼女だが、実際に彼女が改造を施した武器スキンが(プレイアブルキャラとして実装されたシーズン6以前にも)いくつか存在している。
彼女が改造した武器スキンにはランパート印の「R」の刻印が施されているので、所持しているプレイヤーは探してみよう。
ただ、現在のところランパートスキンは全てがバトルパスやイベントの報酬など限定のものとなっている為、今からでは入手不可能なものが多い。

「ランパート」発言

バトル中やキャラ選択時にたびたび「(キルリーダーは)ランパートを使ってるのだろう」や「ランパートを使いな」など自身の名前を唐突に出すのでよく誤解されるが、これは自身の改造したランパート印の武器の事を言っているだけである。並行世界の自身について言及していたり、ましてやメタ発言をしていると言うわけではない。

関連イラスト

シーズン6開幕!
ランパートさん



常設レジェンダリースキン「サリーノットサリー」

サリーノットサリー



シーズン9プレミアムバトルパス限定スキン「狡猾な狐」

Fox on the run



シーズン9期間限定イベント「スリルシーカー」限定スキン「ウェイストランダー」

【APEX】ランパート(ウェイストランダー)



関連外部リンク

参戦経緯



Meet The Rampart



関連タグ

ApexLegends

関連記事

親記事

ApexLegends えーぺっくすれじぇんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ランパート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 911546

コメント