ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

映像通信を介する事による嫌がらせであり、テレワークの普及と共に生じてきた新たな問題。
テレワークは新型コロナウイルスによる、外出の自粛や規制が叫ばれる中で、テレビ電話等を使って在宅ワークや会議を可能になったが、その急速な環境変化の為にマニュアルがなく、それぞれに手探りで行っていく中で、問題やその対処が未整備な状態が故に起きている。

  • マニュアル不在の為に指示が細かくなったり不備がある
映像越しの為に画像や通信の都合で、対話する相手の細かい反応が判らなくなると言う問題から、オーバーアクションや過度に細かく指示されたり、逆に今までにない事への礼儀なのか、個人的なものなのか判別出来ない指示が増え出す事で、部下の混乱や不快感が増え出してしまった。
中には「相手を不快にしない為のVR背景の使用」「モニター越しでも相手の目を見て話せ」等、必要性が疑われるルールの制定もある。
  • 常時監視状態
カメラを通して大勢の人の仕事を監督し易くなった一方、働く側は常に監視されている状態に近くなり、他者の視線を意識し、不必要に気が抜けなくなる。席を外す際も、カメラオフにする事が許されない事例もある。
  • 配慮に欠いた言動の横行
目の前に相手が居ない為、レスポンスは判るが咄嗟にキレて暴行されない安全性等から、相手への不快な発言や罵倒、無自覚な暴露に対する、心の垣根が低くなり易くなる。特に、今までより接点が少なくなると言う事は、これからも顔を合わせて仕事する機会が減る事になるので、相手への誠意が希薄となり、セクハラパワハラ発言に鈍化する危険がある。
  • プライバシー問題
一部とは言え室内を映す都合上、当人のプライバシーや生活の暴露に繋がり易く、所持するインテリアや家具、家電への発言や話題が生じ易くなった。特に生活水準に対する発言になり易く、物持ちが良かったり愛着から長く使えば、「買い換えられない貧乏扱い」、高級品の所持から「自慢している」とやっかみを受けるようになる。
映さないよう気を付けても、些細な角度の変化、商品や書類の説明の為にカメラを動かして撮影する等で映ってしまう事もあり、単にカメラの気を付ければ良い問題ではない。
また、室内を見せるようセクハラ、パワハラを働く者も居る。

対処法

  • 衣類に気を付ける・余計なものが映らないよう配慮する

相手に余計な話題を与える隙を与えないこと。テレワークの普及で専用のテントなど、環境を整える商品も増えている。

  • 記録に残す
常時カメラを使うので、録画など記録に残しやすい。また、カメラ越しと言うことで、安全圏の死角が多いので、そこに配置することも可能。
  • 家族との協力
同居家族に相談し、理解と協力を求める

関連タグ

ハラスメント
テレワーク プライバシー

関連記事

親記事

テレワーク てれわーく

兄弟記事

コメント