ピクシブ百科事典

レイン将軍

れいんしょうぐん

ウェブ漫画/シェアワールド『Vilous(ビロウス)』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

通称レイン将軍(General Rain)、正式名はレイン・シルヴェス(Rain Silves)

日本のSF世界観シェアワールド及びウェブ漫画『ビロウス』に登場するキャラクター。

北方サーガルの突然変異体の女性で、サーガル族のキャラクターの中でも最も有名と思われる。
しかし有名すぎるあまりに、後述する「レイン将軍特有の性格や特徴」が、「サーガル族という人種全体の特徴」だと誤解され、「サーガル=レイン将軍」という間違った認識が国内外問わず広がってしまったという、あまり望ましくない事態も引き起こしてしまった。

【重要】レイン将軍=サーガル族の基本形ではありません。


特徴は突然変異による金色の眼、通常のサーガル以上に巨大で強靭な体、目尻から下顎にかけて走る涙跡のような赤い戦化粧。舌の先は蛇舌をしているがこれは後天的なもの。
基本形は熟女キャラ。ババアBBAは公称。

毛の色は通常のサーガル同様のツートーンカラーで、暗い方の色はやや紫がかった紺色をしている。
晩年にかけては更に巨大化すると同時に全身が白髪になり、最終的には巨大な白いもさもさの塊になる。この状態の通称は『白もふ』(英語:『The Fluffy』)

人物像

センシティブな作品
キラキラ好きのレイン将軍


傲慢で欲望に忠実、残虐かつナルシストであり非常に図々しい暴君。常に偉そうで威圧的。
無限に近い強い食欲を持ち、そして美しい少年(主に同じサーガル族の)に目が無い。
風貌の印象からの期待を裏切らず、バケモノ的に強いため戦場に出るとほぼ無双状態。

このような性格から、サーガルの人気とネタが流行った海外画像掲示板(主に4chan)などではレイプ逆レイプ)の代名詞として局所的に定番ネタ化したことがある。
また、このネタによって「サーガル族は全てレイン将軍のように凶暴で子供を食べるのが好きな残酷な種族」だという偏見や誤解も海外中心に浸透してしまい、国内にまでその影響が及んでいる。

しかし、レイン将軍以外の「普通のサーガル達」は基本的には善良な一般市民。
凶悪な行いをする者は当然ながら悪人として扱われる。つまり現実世界の人間と同様、ちゃんと善悪の区別や倫理観を持った種族なのである。

このような事態についてはビロウス公式から幾度も注意が呼びかけられており、またファンの間でもケモノ界隈で聞きかじったレイン将軍のイメージだけでサーガルを扱おうとする人」はあまり快く思われないため要注意。


主なセリフや口癖


「わしはレインさまぢゃ!良い子も悪い子も寝ない子も丸呑みぢゃ!」

「うまそうぢゃのおぉぉぅ!!」

「○○の土地が欲しいのぢゃーーーーーーーー!!!!!!」

など。

経歴

「惑星タル」北方の貧しい集落に生まれ、突然変異による金色の瞳のために母親からも他の村人からも酷い虐待を受けて育った過去を持つ。やがて村ぐるみの虐待に耐え切れなくなり母親を含む村人全てを虐殺、唯一の味方であった弟だけをつれてタリクシアン植生の森に逃げ込むが弟は間もなく病死、その後森で出会った白いオオカミ(※タリクシアン生物におけるオオカミであるため、地球のオオカミとは姿形は全く異なる)に育てられ、狼少女として強く逞しく育つ。

その後再び北方の村に姿を現し、その強靭な強さと優れた戦術を村人達に見せつけ、それまで恐ろしい森の生物に長年怯えて暮らしていた村人達から圧倒的な指示を得て一気に統制者に上り詰める。そして北方全土を「シーグの地」として統一、レイン将軍の名を世界に轟かせる。

やがて増長した征服欲により惑星タル全土をこの手にしようと、東部のレオノの地や西部の地などへの侵略を開始。北西部に住んでいた西方サーガル達はレインに全身で刃向ったため大虐殺され、南部の大都会「ゴールドリング」に避難した極僅かな生き残りの人々を除いて西方サーガルは事実上絶滅してしまう。その頃のレインにはかつてのような北方の地の救世主として慕われていた面影はどこにもなく、ただの強欲な独裁者と化した姿があった。

その後南部の黄金の都、ゴールドリングをなんとしてでも手にしようと数十年に渡って奮闘するが失敗。その間も奴隷達をこき使って暴飲暴食を続けていたためブクブクと太り、突然変異による巨大化とも合わせて身動きがとれなくなるという無残な姿に成り果る。

最終的には自分の子供に起こされたクーデターによって身柄を拘束、ゴールドリングの刑務所へ収容され、皮肉にもその手にしようとしていたゴールドリングの地の獄中にて老衰で息を引き取る。

家族関係

母親

設定上にのみ存在するため明確なビジュアルはないが、非常に信心深く、それ故に突然変異で金色の瞳を持って生まれたレインを集落包みで酷く虐待していたという。レインが集落を抜ける頃に他の村人と同時に殺された。

設定上にのみ存在するため明確なビジュアルはないが、病弱で美しい弟だったとされる。虐待されるレインをよく庇っており、村にいた頃のレインの唯一の味方だったと思われる。レインが母親含む村人を皆殺しにした際に共に村から脱出したが、元々病弱だったためレインと逃げ込んだ森で間もなく病死してしまう。レインが美しい少年に異様に執着する原因であると言われている。

ジャク

ジャク


青緑色の毛をした美しい北方サーガルの少年。レインの保護下にある「子供」の一人だが、実子かどうかは不明。

一応関係上は母親であるレインとは打って変わって非常に真面目で礼儀正しい性格をしており、母の暴挙に関してどう思っているかは定かではないが少なくとも至ってまっとうで知的な性格をしている。

サーガルらしからぬ知性と落ち着きを持ち、学問や読書に興味を示しているため、レインとは違った方向で「普通のサーガルとは違う」存在である。

しかしかなりの毒舌家でもある。

デザイン

ビロウス世界観には新旧のバージョンや没化した案などがあるため、それに沿ってデザインも変化している。

新設定

センシティブな作品
ばふばふレイン将軍


歳を重ねるごとにどんどん巨大化しているため全体的に骨太な印象。「幼い頃、母親からの虐待で舌の先を切られた(もしくは力を授ける呪術的儀式として自ら切った可能性もある)」という過去が存在するため、ヘビのように割れた舌をしている。

高齢化に応じて巨大化(これも突然変異によるもの)と共に全身白髪化し、晩年には通称白もふこと全身真っ白な姿となる。

となりのレイン
Poof!



旧設定

レイン将軍 ※旧デザイン含
【旧作イラスト】レイン将軍 2015年以前作


舌先は割れていない。現在の姿に比べるとそれとなく若々しい。

没デザイン

色々なアングルで顔を描いてみよう/レイン将軍の場合


2008年頃に行われたサーガル族の実験的かつ一時的なデザイン変更として臀部に羽根や胸に人間の女性同様のおっぱいなどが描かれていた。このデザインは結局のところ没化しているため、現在のデザインには羽毛もおっぱいも存在しない。

歴史と海外人気

2004年頃に「2ch獣」というケモノ絵を専門とした日本のお絵かき掲示板(現在は消滅)にて、ビロウスの原案およびビジュアルデザイナーであるミック小野氏(当時は「ベルクート」というHN)が頻繁にレイン将軍のイラストを投下していたため、当時の住民の間でも人気の高かったキャラであった。
この頃に投下されていたイラストがどれも絶妙にインパクトの高いものであったため、日本のサイトに訪れていた海外ケモナーにも注目されて一躍人気になり、躊躇なく子供を食うなどの衝撃的なキャラ設定が4chanなどで受けてキワモノ・ゲテモノネタとして流行った。
同時にケモナーの間ではサーガル族自体のデザインが大受けし、レイン将軍というキャラクター以上にサーガルという種族の人気と知名度がほぼ一人歩きしていくまでとなる。
それでも海外のディープなサーガルおよびビロウスファンの間では未だに根強い人気があり、フリーシェアワールドの性質上多種多様なオリジナルキャラクターが作られているビロウス界隈においても、原作に登場する公式キャラクターの中では最も多くファンアートが描かれているキャラと思われる。

pixiv上においては過去にpixivファンタジアに参加していたこともあった。描かれた時期的にはおっぱい付きだった頃のデザインである。

レイン将軍 in pixivファンタジア



関連イラスト

Brutal general
レイン将軍(壁)


レイン将軍 Rain - My Child
Mick's Badges


Sergal vs. Kugai COMMISSION
Rain from Above



関連タグ

サーガル エルタス ビロウス
ケモノ メスケモ 獣人 熟女

外部リンク

ビロウス公式wiki レイン将軍のページ
原作世界「ビロウス」公式サイト

関連記事

親記事

サーガル さーがる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レイン将軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94244

コメント