ピクシブ百科事典

レオ・ステンバック

れおすてんばっく

レオ・ステンバックとは、ゲーム「ZONE OF THE ENDERS」(通称Z.O.E)シリーズに搭乗する キャラクターである。
目次[非表示]

ZONE OF THE ENDERS

CV:下和田裕貴(現:下和田ヒロキ)
14歳。いじめられっ子で両親も離婚している為かとても内向的。
バフラムによるアンティリア襲撃で偶然ジェフティに乗ったことから、 そのフレームランナーとしてコロニー脱出を手伝うことになる。

一般人かつ普通の少年であるため、戦闘経験は皆無。
そのためジェフティに搭載されているサポートAI「ADA(エイダ)」の力を借りてジェフティを操る。

初戦でジェフティを奪いに来たオービタルフレームを退ける等、ところどころに才能の片鱗が見える。

最初は機械的なエイダのやり方や考え方に対して反発していたが、彼が人命を最優先したりエイダを気遣う姿勢に対して、次第にエイダが学習、レオの考え方に合わせていくようになっていった。

物語終盤では、ADAに自身の幼少時代を語る。

小さい頃からいつも一人ぼっちで、父も母も滅多に家にいることなんてなく 三人で一緒になることなんてなかった。10歳になった日、父が木星に行くことが決まった時久しぶりに三人で食事に行った時が、とても嬉しかったとのこと

しかし、食事中両親は口論してた。原因は息子をどっちを引き取るかで揉めていて、取り合うのではなく相手に押し付けようとしていたとのこと。 そのこともあり、自分は不必要な存在と受け止めてしまい希望を失っていく。 友達や学校の先生からもそのような扱いを受けてきたため『僕がいなくても誰も困らない』『僕が死んでも、きっと誰も悲しまない』という気持ちに長く苦しめられてきたが、ジェフティに搭乗したことで幼馴染のセルヴィスを初め、ADA、エレナやサンダーハート達と出会ったことで必要な存在になったことで 再び希望を持つことができた。


最後はアヌビスと遭遇しながらも、アトランティス号の支援によりなんとかコロニー「アンティリア」からの脱出に成功する。

Story Between

(Web小説。読みたい方は外部リンクへ)
アンティリア脱出後、バフラムにより木星圏が封鎖されていたためにカリスト近辺で潜伏して潜んでいる間、戦闘訓練を受けていた。

特務伍長として任官、アトランティス号艦載LEVのV2の二号機のパイロットとして登録された。

一号機のパイロットはアンティリアで支援を行ってくれたロック・サンダーハート曹長。

訓練を重ねるうちにその才能は開花、正規の軍人であるサンダーハートを上回る腕を発揮するようになる。

サンダーハートからジェフティを火星に送るのは解体するためという真実を聞かされ、自爆と解体を防ぐために火星に送るべきではないとカタパルトの軌道を独断で変更、メタトロンが算出されるカリストに送り込むことでメタトロン反応を隠すことを計画する。
ジェフティ防衛の中、サンダーハートは戦死。

後日アンティリア事件で父親が自身を助けるためにシェルターを出て死亡していたことも知る。

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS

CV:鈴村健一
続編であるANUBISでは地球軍に協力する立場で登場。
時を経て立派な青年へと心身共に成長している。
V2の三号機であるアドバンスLEVビックバイパー零に搭乗し、ディンゴからジェフティを取り返すために挑むが、レオのことを覚えていたエイダがレオに呼びかける事でお互い話し合いになり和解。 久しく会った彼女に『相変わらずだなぁ・・』と吐露していた。

その後はディンゴと別れ、残った地球軍の残党を集めて決戦に挑む準備をしていた。

最終決戦でエイダを救うためにアーマーンへ赴くが、ノウマンの罠によって機体が破壊されてしまう。

最後には機体が破壊されながらもディンゴとジェフティの手によって無事帰還。

彼女自身が『プログラムに命令を超えることはできない』と言っていたものの自身に課せられたプログラムに反発したため「私は命令に背いたのでしょうか」と疑問を抱いているエイダに「それでいいんだ」と語りかけていた。

外部リンク

Z.O.E 公式サイト内キャラ紹介
ANUBISでのキャラ紹介
Story Between

pixivに投稿された作品 pixivで「レオ・ステンバック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2956

コメント