ピクシブ百科事典

レスキューストライカー

れすきゅーすとらいかー

レスキューストライカーとは、『トミカヒーローレスキューフォース』に登場するレスキュービークル。
目次[非表示]

プロフィール

全長25m
重量50t
最高時速250km/h
搭乗者R1

概要

ネオテーラが発生する超災害鎮圧活動の中心として活動する消防車型のレスキュービークル。
いわゆる主人公機でR1がドライバーを務めるが、R2やR3、レスキューファイアーに貸し出された時にはファイアー3、ファイアードラゴンが修理中の時にはファイアー1がドライバーを担当した。

様々な化学成分が調合された水を放出し、あらゆる火災を消し止めることができる。出動時にはコアストライカーやコアストライカーマックス、車体後部にあるコンテナにはコアエイダーや小型ビークルを2機格納可能。
単体でのファイナルレスキューは山火事などの広範囲火災も消し止める「ウォーターキャノン」
中型ビークルと合体する事で様々な力を発揮する。合体する際には車体後部を切り離すが、レスキューターボと合体するときのみ後部と一緒に合体する。

続編のレスキューファイアーでもターボドラゴンが開発されるまでファイアー3の機体としてレスキューファイアーに貸し出されたとして引き続き登場。
レスキュードリルが火炎魔人化した際には救出したレスキュードリルと合体し、ドリルストライカーとなった。
しかし第9話にて合体火炎魔人カニタンクエンの攻撃からファイアー1を庇い破壊されてしまった。

後にイギリスで修復され、再びR1の機体として登場。再生したカニタンクエンを撃破した。

関連タグ

レスキューフォース

コメント