ピクシブ百科事典

レッドベリル

れっどべりる

緑柱石(ベリル)系の鉱物の一種。赤い色が特徴。
目次[非表示]

曖昧さ回避


概要

緑柱石(ベリル)の一種。独特の鮮やかな赤色はマンガンによるもの。
アメリカ合衆国ユタ州でしか採掘されないが、1カラットを超える大きさの石がほとんどとれず、鉱山はすべて閉山している。その上カットも難しいという非常に高い希少性を持っている。
大きくかつ無傷の質の良いカットされた石は合成石である可能性が高い。

1904年、鉱物学者メイナード・ビクスビーにより発見された、比較的新しい宝石。
ビクスビーは当初、発見者の権利としてビクスバイトと命名したが、ビスクビアイトというあまりにも紛らわしい名前の鉱物が先に存在していたため、レッドベリルと命名しなおした。

なおアメリカの宝石業界は、レッドベリルを「レッドエメラルド」と呼び、他国にもこれをコマーシャルネームとするよう主張した。要は「珍しいエメラルド」という売り方をしようとしたわけである。
しかしエメラルドそのものが緑色と言う意味であり、そもそもエメラルドとは発色成分が異なる別物であるため、このアメリカ一流のゴリ押し論法は、あまりの金汚さに各国の業界から失笑を買っている。

関連タグ

緑柱石 ベリル

緑柱石の仲間
エメラルド アクアマリン モルガナイト
ヘリオドール ゴーシェナイト

関連記事

親記事

緑柱石 りょくちゅうせき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドベリル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234215

コメント