ピクシブ百科事典

レッド・ドラゴン

れっどどらごん

トマス・ハリスの小説。

もしかして→レッドドラゴン

トマス・ハリス小説ハンニバル・レクターが登場するシリーズの第1作。
主人公ウィル・グレアムであり、レクターは脇役である。

1986年に『Manhunter』(邦題『刑事グラハム/凍りついた欲望』)として映画化された。
2002年には『羊たちの沈黙』『ハンニバル』に続き『Red Dragon』(邦題『レッド・ドラゴン』)として再映画化された。
2013年から2015年までドラマ化した。→『Hannibal

ストーリー

満月の夜に連続して起きた一家惨殺事件は全米を震撼させた。
遺体に噛み痕を残す犯人“歯の妖精”―次の満月にまた凶行が?
次の満月までに犯人を逮捕すべく、元FBIアカデミー教官のウィル・グレアムは捜査を開始する。
彼は犯人像の手がかりを得ようと、以前連続殺人事件で逮捕した精神科医のハンニバル・レクター博士を、収容先の異常犯罪者専用の医療施設に訪ねた。
犯人は次の殺害計画を練る一方でこうした動きを新聞で知り、グレアムをつけ狙い始める。

関連タグ

トマス・ハリス 小説 映画 海外ドラマ アメリカ合衆国
ウィル・グレアム ハンニバル・レクター

pixivに投稿された作品 pixivで「レッド・ドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1284

コメント