ピクシブ百科事典

ロシュフォール

ろしゅふぉーる

ロシュフォールとは、小説『三銃士』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

リシュリューの腹心。顔に傷のある男で、「いくらか顰め面だが気品のある風貌」と描写されている。
物語冒頭、宿屋に立ち寄ったダルタニアンの田舎くさい身なりを笑いものにした為に諍いになり、気絶させられた彼が銃士隊への紹介状を持っていたのを知ると、リシュリューと銃士隊の不要な争いに発展する事を懸念して奪い取った。その後ダルタニアンは痛めつけられた体を引きずりパリに向かい、紹介状もなしで銃士隊の門を叩く羽目になり、大変苦労させられている。
その後もリシュリューに命じられてコンスタンス誘拐の指揮も行い、これを救おうとしたダルタニアン達と対立する。
物語の最後でダルタニアンと決闘し、三度目にして和解、友人となる。しかし後世の映像化作品などでは大概悪役にされる可哀相な人。

関連タグ

三銃士 

表記ゆれ

ローシュフォール アニメ三銃士の登場人物はこちらの表記の記事参照

関連記事

親記事

三銃士 さんじゅうし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロシュフォール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85763

コメント