ピクシブ百科事典

三空

さんくう

『最遊記』の登場人物、玄奘三蔵と孫悟空のBLカップリング。
目次[非表示]

概要

腐向けタグなので注意。



三空とは、『最遊記』、『最遊記RELOAD』、『最遊記RELOADBLAST』に登場するキャラクターである玄奘三蔵孫悟空のカップリングの作品に付けられるタグである。

玄奘三蔵は、金髪を持つ美形だが、飲酒・喫煙・博打を嗜む破戒僧である。
孫悟空は、如意棒を使い、頭には金鈷を着けている人でも神でも妖でもない異端の存在である。

初期の頃は三蔵と悟空は依存関係であった。特に三蔵の方が依存が強く、悟空が死ぬと三蔵も死ぬと言われていた。現在は精神的成長によって依存関係は解消されたが、今でも三蔵と悟空は互いに大切な存在である。




ネタバレを含む解釈

ここからは原作のネタバレを含みますのでご注意を。

【無印~最遊記RELOAD】
二人が出会った初めの頃に、三蔵は寝ている悟空を「大福」と称し、三蔵は当時から常に眉間に皺が寄っていたが、悟空の寝顔を見て穏やかな笑みを溢した。その他にも堅物な三蔵も悟空の前では気を緩めているシーンがよく見られる。また、三蔵の旧友であった朱瑛が妖怪を酷く嫌い、八戒、悟浄、悟空に襲い掛かってきた際には自身の師であった光明三蔵法師が自分を守ったときのように身を挺して悟空を守り、八戒の宿敵である清一色に悟空が襲われ、清一色が作り出した悟空の偽物が三蔵達の前に現れた際に三蔵はそれが偽物であることを即座に見抜き、偽物の悟空に不快感を感じていた。そして悟空がもし暴走してしまったら三蔵が悟空を殺すという約束も二人の間には存在する。

悟空の金鈷が外れ暴走した際には現世では三蔵の声しか届かない為、今のところ悟空を止められる人間は三蔵しかいない。(しかし、暴走の大体の理由は三蔵絡みである)それとは逆に三蔵が動揺したり取り乱して三蔵らしくない行動に走ってしまう時のストッパー役は悟空であり、お互いになくてはならない存在である。

【烏哭襲来】
また、ぶっきら棒な三蔵ではあるが、悟空が烏哭三蔵法師に襲われて瀕死の重体を負った時は柄にもなく取り乱し、烏哭を探し出し落とし前をつけさせる為に町中を走り回り、公式から「町内マラソン」と言われていた。いつもクールな三蔵らしからぬ取り乱しっぷりであった。その際に血塗れで倒れる悟空の姿に呆然とし、八戒が治療の為に悟空を離せと促すも三蔵の耳にはその声すら届いておらず、終いにはキレた八戒のビンタを思いっきりくらった。

瀕死の悟空を前にして今まで感じたことのない殺意を感じた三蔵はその殺意を「ドス黒く虚無の闇にも似た殺意」と表現している。それほどの想いに至るほど、三蔵にとって悟空がかけがえのない存在であることがわかる。

また、烏哭が「無天経文」の能力によって三蔵の存在自体をなかったことにしようとした時に、闇の中で三蔵が最後に思い浮かべたのは「悟空の笑顔」であり、その描写とともに自分と言う存在がこの世から消える「恐怖」を感じている(この描写は玄奘三蔵という存在がなかったことになってしまうと五行山に閉じ込められている悟空が自分と出逢わないことであのまま山に閉じ込められたままになることを懸念し「恐怖」を感じたとも解釈が可能である)

また、三蔵自身は「悟空が攻撃・襲撃されたこと」が自分への挑発であることを自覚しており、悟空が自分の弱点になりうると理解している描写もある。

【最遊記RELOADBLAST】

BLASTでの目玉は「膝枕」である。大けがを負って体が思うように動かない三蔵をジープの上で悟空が膝枕をして休ませてあげているシーンは眼福である。

【その他、ドラマCD、オムニバス小説】

ドラマCDやオムニバス小説でも三蔵と悟空の尊いエピソードは多く、小説では負傷した三蔵と悟空が雪山で遭難する話があるが、読むだけでだいぶ頬が緩んでしまう内容となっている。



関連イラスト

(・-・*)
9&3


HappyHalloween!
夏


悟空と三蔵
三空



関連タグ

最遊記 腐向け 39(表記ゆれ)
最遊記のカップリングタグ一覧
玄奘三蔵 孫悟空

関連記事

親記事

最遊記のカップリングタグ一覧 さいゆうきのかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三空」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2990701

コメント