ピクシブ百科事典

上条信哉

かみじょうしんや

『上条信哉』とは『はぴねす!』に登場するサブキャラクターの事である。
目次[非表示]

公式サイトキャラ紹介(アダルトサイト注意)

プロフィール

所属私立瑞穂坂学園2年魔法科
誕生日11月15日
血液型A型
身長180cm
靴のサイズ不明
CVヘルシー太郎(PC版) / 佐藤有世(アニメ版の少年時代のみ)・伊藤健太郎PS2版・テレビアニメ版ドラマCD版)

概要

本編のプロローグ終了後の新学期開始のタイミングで、双子の妹である上条沙耶と共に、本編の主人公である小日向雄真達のクラスに転入してきた転入生。
極端な方向音痴でもあり、新学期初日に自分たちが通う瑞穂坂学園ではなく名前が似ている小学校に到着してしまうというミスをしてしまったこともある。
妹の沙耶のことをとても大切に思っており、邪な理由で妹に近づく高溝八輔のような男から必死にガードしている。だがそれが行き過ぎてしまうこともあり、その時は沙耶に制裁を加えられて大人しくなるのがお約束のようになっている。
三枚目キャラの高溝八輔とは正反対の古武士を彷彿とさせる硬派な性格だが、義理堅く融通がきかず天然のような節もあり、渡良瀬準から『シスコンとは妹を大切に思っているお兄ちゃんのこと』と嘘が混じったことを教えられた際には、真に受けて『それなら俺はシスコンだ』と宣言してしまう程である。
余談だがそのせいで同じくがいる雄真も彼と同じく『俺はシスコンだ』と宣言することになってしまい、しかもその妹自身に宣言を聞かれてしまった。
独特な味覚の持ち主であり、購買で不人気な総菜パン「生ハムいちごパン」が大好物だという。

風神雷神

信哉が作中で使用するマジックワンドで木刀のような外見をしている。
信哉はのように魔法を使うことはできないが、風神雷神は魔法耐性がとても優れているため、これを用いて攻撃魔法を弾いて防御したり、魔法によって作られた結界を破壊したりといった戦法を得意とする。そのため魔法使いにとっては天敵のような武器である。

余談

(PC版以外で)信哉の双子の妹である沙耶を演じるのは伊藤静氏であり、偶然にも上条兄妹を演じる二人の声優も苗字が同じ(もちろん二人の声優は苗字が同じだけで実際に兄妹姉弟というわけではない)という事になっている。

本編の戦闘パートでは、沙耶と同じく黒幕に仕える従者であり強敵としての存在感をバッチリと出しているのだが、日常パートでは自分の主や妹の沙耶が関わっていなければ自分から雄真達に関わることはないため、ある意味では影が薄い。






















ネタバレ






















何故彼と妹の沙耶が、先祖代々従者として仕えてきた式守家の次期党首とはいえ、伊吹の命令に従い学園内に封印されている式守家の秘宝を奪還しようとしているのか。その理由は、上條兄妹が母親を失った幼少時に遡る。
上條兄妹の父・上条崇夜(そうや)は悲嘆にくれる子供達を見かねたせいもあって式守家に伝わる秘宝を無断で使用して妻を蘇らせようとしたが、代々の式守家当主の魔力が込められた秘宝は既に個人で扱えるような代物ではなくなっていた。
そのせいで、崇夜は妻を生き返らせるどころか秘宝の暴走により命を落としてしまった。
その後、式守家当主護国(さねくに)の実の娘で式守家次期当主那津音(なつね)によって秘宝の暴走は止められたが、その代償に那津音までもが命を落としてしまう。
今わの際の那津音により次期党首に指名されたのが、式守家の中でも高い魔力を持ち、那津音を姉と慕っていた伊吹であった。
伊吹は亡き那津音の為にも式守家次期当主に相応しい人間になるべく努力を重ねてきたが、式守家の秘宝が事もあろうに那津音の死後瑞穂坂学園に封印されていることを知り激怒し、式守の秘宝を奪還すべく学園に乗り込んだ。

上條兄妹が伊吹の命令に従い学園に乗り込み秘宝を奪還しようとしているのは、単に主である伊吹への義理だけでなく、自分達の所為で父親が過ちを犯し那津音を死に至らしめた罪悪感によるものだった。


関連タグ

はぴねす! サブキャラ 天然 双子  従者
上条沙耶:自分の双子の妹でとても大切に思っているのだが、その気持ちが行き過ぎて暴走することもあり、その度に沙耶から制裁を受けている。
???:妹の沙耶と共に信哉が仕えている主で、本編における黒幕的存在である。
小日向雄真:クラスメイトであり、自分と同じく妹がいるということや、準からの嘘の情報もあって『自分と同じシスコン』だと思い込んでいる。
高溝八輔:雄真と同じく自分のクラスメイトなのだが、邪な感情を持って沙耶に近づく男であるので、制裁を加えたり警戒している。
チェスター・バークライト他作品のキャラクターで、信哉とは『声優同じ』『がおり、その妹をとても大切に思っている』という共通点がある。

関連記事

親記事

はぴねす! はぴねす

兄弟記事

コメント