ピクシブ百科事典

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

せかいのおわりとはーどぼいるどわんだーらんど

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は、村上春樹の長編小説。
目次[非表示]

作品解説

1985年に刊行された。著者の村上春樹氏にとっては初めての書き下ろし長編小説。
東京が舞台の『ハードボイルド・ワンダーランド』の章と“壁”に囲まれた“街”が舞台の『世界の終り』の章が交互に進行する。
1990年代から2000年代にかけての創作物に大きな影響を与え、元祖セカイ系と呼ぶ人もいる(※東浩紀)。

登場人物

ハードボイルド・ワンダーランド

  • “私”:主人公、“計算士”
  • 老博士:フリーランスの生物学者。
  • 太った娘:博士の孫娘
  • リファレンス係の女の子:図書館のリファレンス係の女性
  • 大男とちび:謎の二人組み

世界の終り

  • “僕“:主人公。“夢読み”
  • 影:主人公の影
  • 門番:“街”の門番
  • 大佐 : 元軍人で、“僕“:の隣人
  • 図書館の少女:図書館の司書
  • 発電所の管理人 : “街”の唯一の発電所の管理人



関連作品



別名・表記ゆれ

世界の終りとハードボイルドワンダーランド 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

関連タグ

村上春樹
セカイ系

関連記事

親記事

村上春樹 むらかみはるき

兄弟記事

  • 1Q84 いちきゅーはちよん

pixivに投稿された作品 pixivで「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85

コメント