ピクシブ百科事典

丹波橋紅司

たんばばしこうじ

『いなり、こんこん、恋いろは。』の登場人物。

cv: 岡本寛志

概要

バスケ部の部員。
父親は幼い頃に他界しており母親ととの三人暮らし。
教室では友人の橋本創や出町柳一と一緒にいる事が多い。
7巻ではバスケ部の部長を決める試合でいなりのせいで怪我をしてしまう。
しかし、それでも試合に出ようと体育館に行った直後に丹波橋に変身したいなりと対面する。

名前

名前の由来は京阪電気鉄道京阪本線丹波橋駅
下の名前が紅司なのは作者が取材に行ったとき駅が工事中だったから。

pixivに投稿された作品 pixivで「丹波橋紅司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22465

コメント